個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/

2020-10-26

高校受験には内申点がとても重要?その計算方法と攻略法とは?

高校受験、大学受験の指定校入試で重要なカギを握る内申点。

内申点とはどのように決まるか知っていますか?

受験のカギを握る内申点とは?

内申点は中学校、高校で学期ごとにある中間テスト、期末テストの点数評価、授業態度などの平常点、ワークや問題集などの提出物をきちんと出しているかなどを5段階評価で出した数字で決まります。

高校受験では9科目、大学受験ではもっとたくさんの科目が数値化されます。

その中には、音楽、美術、保健体育、技術家庭科などの実技科目ももちろん含まれてきます。

内申点は、高校入試では学力検査と共に入試の合否判定に関わる大変重要なものです。

今回は高校受験の内申点や内申点ランクにスポットを当て、その計算方法や攻略方法をお伝えします。

内申点の計算方法とは?


高校入試では学力検査における当日のペーパーテストの得点以外に、中学校3年間の成績評価の内申点が合否判定に使われます。

内申点は中学校1年生から中学校3年生までの3年間の成績を数値化したものです。

各学年、学期ごとの成績が学年末評定で最終評価がつきます。

中学1年生、2年生の学年末評価、中学校3年生は1学期、2学期の評価が大変重要となってきます。内申点の計算方法は、中学校の実技を含む9科目の5段階評価を使います。

9科目×5段階評価=45点、つまり45点満点となります。

中学校3年生については私立高校入試の場合、3年の1学期のみの評定を見るところがほとんどです。

公立高校入試の場合は、1年、2年の学年末評定、3年の1学期、2学期の評定を重視します。県によっては、中学校3年生の学年末評価が入る都道府県もあります。

今年はコロナ禍ということもあり、中学校2年生の学年末評定、中学校3年生の2学期の評定などを考慮してくれる学校出てきています。

今年度入試は例年と違う場合もあるので、しっかり志望校のホームページやパンフレット、説明会などをチェックしておいてくださいね!

内申点が自分の志望校の基準に達していない場合は、その差を埋めるため当日の学力検査でかなり高い点数をとらなくてはならなくなります。

中学校生活の日頃からの授業や定期テストが、いかに大切になってくるかが分かりますね!

内申点ランクとは何か?

各都道府県の高校によって、高校入試の内申点がどのぐらい入試で比重を占めるのかが変わってきます。北海道の高校入試で内申点ランクが採用されています。

内申点ランクは中学校1年生、2年生、3年生の学年末評定を全て5段階評価にし、それぞれ9科目分を計算し、1年、2年はそれの2倍、3年はそれの3倍で総合点を出します。

中学校1年生が9科目5段階評価×2倍=90点、中学校2年生が9科目×5段階評価×2倍=90点、中学校3年生が9科目×5段階評価×3倍=135で、合計は315点満点となります。

それを内申点ランクの表で自分がAランク~Mランクまでのどの範囲に入っているかを見比べて、志望校に合格できそうか、合格の確度を調べます。

Aランクは315点から296点
Bランクは295点から276点
Cランクは255点から236点
Dランクは255点から236点
Eランクは235点から216点
Fランクは215点から196点
Gランクは195点から176点
Hランクは175点から156点
Iランクは135点から116点
Jランクは135点から116点
Kランクは115点から96点
Lランクは95点から76点
Mランクは75点から63点

上記の様に範囲が決められているのです。自分の内申点ランクはどの位置にいましたか?

また、北海道入試の場合内申点ランクを見ると一目瞭然ですが、3年の成績が1学期から3学期まで入ります。いかに直近の成績が重要視されているかが読み取れますよね!

中学校1年生、中学校2年生であまり成績がよくなかった人は、3年生で気合いを入れて取り返し挽回しましょう!また、入試では学力試験の点数と内申点の両方で合否が決まります。

学校によって、学力重視型なのか、内申点重視型なのか、学力と内申点のバランスが半々なのかなど、内申点の比重が変わってきます。

内申点の攻略方法とは?


内申点の攻略方法とは、ズバリ日頃の授業と毎回の定期テストを大切にしていくことです。内申点は、どのぐらい中学校生活の中で学習面に力を入れてきたかの評価です。

授業は真剣に取り組む、提出物は決められた期限までに提出する、テスト勉強を計画的に行い、定期テストの点数を少しでも上げられるように努力する!これに限ります。

今は絶対評価なので相対評価と違い、頑張っている生徒が多ければ、担任の先生の判断でいくらでも良い評価をつけることができるのです。

また、高校入試では内申点以外にも英検や漢検などの検定試験や、部活の大会成績、生徒会や委員会などの諸活動も点数化して評価してくれます。

中学校生活全般が志望校合格を左右すると言っても過言ではありません!日々の取り組みをしっかり行い、志望校合格に近づけていきましょう!

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

 最高の学習環境を手に入れる →

■ 発寒南校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23