札幌の個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/
 / 最終更新日:

学歴フィルターとは?履歴書に書いて有利な大学とは?マナビバが紹介します!

就職活動の際、まずは説明会の参加やエントリーシート・履歴書の提出、筆記試験の受験をし、それらがクリアしていれば面接に進むというのが一般的です。

そのため、この最初の段階である説明会の参加や書類審査を通過できるかどうかは、非常に重要です。

学歴フィルターとは?

学歴フィルターとは、就職活動における説明会の参加や書類審査の可否を、学歴だけで判断するというものです。

説明会に参加しようとして、自分は満席と表示されたのに東大の知り合いは空席有りと表示された、なんていうことはよくあることですし、エントリーシートの内容をかなり頑張ったのに実は学校名だけで不合格になっていたなんてこともあります。

それではなぜ、学歴フィルターは存在するのでしょうか。その大きな理由の一つには、企業側の採用活動を効率化したいという考えがあります。給料や労働条件、知名度などが高く誰もが入りたがるような大企業では、新卒採用の募集をかけると、万単位の応募がくることもあります。

しかし、それほど膨大な数になってしまうと、採用担当が一人ひとり書類の内容を確認し、評価するのは困難ですし、全員に説明会を開くのも困難です。よって、あらかじめ学歴によって線引きすることで、処理しきれる数まで応募者を絞っているのです。

企業が学歴でフィルターをかける理由とは?

企業は自社に利益をもたらしてくれる人材を獲得するために採用活動を行なっています。そのため、企業は利益を上げられるような高い能力を持つ人材を求めています。そして、この高い能力を持つ人材だと一般的に考えられているのが、高学歴の人なのです。

高学歴であるということは、基礎学力が高く、情報処理能力も高いことが予想され、その学歴を獲得するために努力をしてきたという指標になるのです。

もちろん、仕事の出来不出来と学歴の高さは直接は関係しません。学歴が高くても仕事ができない人はいますし、学歴が低くてもずば抜けて仕事ができる人はいます。

しかし、高学歴といわれるような大学の学生は目標も高く、ほとんどの学生が大学3年生の夏までには就職活動を始めて、インターンシップや説明会に参加します。出遅れた学生も周囲の状況を見て、大学3年生の冬には就職活動を始めるのです。

他方、低学歴といわれるような大学の学生は目標が低かったり、そもそも目標がない学生が多く、そのような環境にいるとそれが当たり前のように思ってしまいがちです。結果として、就職活動も出遅れがちで、大学3年生の冬や大学4年生の春から始める人が多いです。

元々学歴で評価の差があるのに、就職活動の準備でも差があっては、逆転するのは難しくなり、そういった傾向が長く続けば、企業がより高学歴を優遇するようになるのは当然の流れです。

学歴フィルターの具体例

企業は直接、学歴フィルターをかけているというような表現をすることはありませんが、「採用重点校」「ターゲット校」というような表現を用いて、実質的に学歴フィルターを採用していることがあります。実際に、2021年卒マイナビ企業新卒採用予定調査では、上場企業では67.4%、非上場企業でも43.5%が採用ターゲットとしている学校群があると回答しています。

学歴フィルターにも、ターゲット校の高学歴を優遇するための学歴フィルターと、ターゲットではない低学歴を弾くための学歴フィルターが存在します。

高学歴を優遇する学歴フィルター

  • 大学内での企業説明会…ターゲット校でのみ説明会を実施したり、他の一般選考とは別枠で採用を行うこともあります。また、これに参加することで次に挙げるリクルーターがつき、早期選考ルートに入れることもあります。
  • リクルーター面談…OBやOGの担当者がつき、企業活動について詳しく教えてもらったり、エントリーシートや面接のポイントを指導してもらうことができます。また、通常の採用活動よりも早い時期に別ルートでの選考を実施している企業も多いです。

低学歴を弾くためのフィルター

  • 企業説明会の予約…予約をする際、ターゲットとしている大学群よりも下の大学では満席と表示されているのに、東大のようなターゲットの大学では空席と表示することがあります。
  • 書類選考…エントリーシートや履歴書に記載した学校が、ターゲット校を下回っている時、他の内容を全く見ずに自動的に不合格とすることがあります。

履歴書に書いて有利な大学

履歴書に書いて有利な大学の条件は、まずは先程の低学歴を弾くフィルターにかからず、可能なら高学歴を優遇する大学フィルターをクリアしていることです。

基本的にはレベルの高い大学が有利になりますが、地方でトップの大学は、その地域での採用活動の中核となるので、有利と言えます。

主な大学

  • 東京大学・・・言わずと知れた日本のトップ。就職活動で不利になることはほぼない。
  • 京都大学・・・東大と双璧をなす西日本No1の大学。
  • 一橋大学・・・文系で東大京大に次ぐ三番手の大学。知名度は劣るかもしれないが、人事ならみんな知っているので問題なし。
  • 東京工業大学・・・東京一工などともいわれ、理系で東京大学京都大学に次ぐ三番手の大学。一橋同様就職活動では評価される。
  • 早稲田大学・・・私立ツートップの一角。OBOGが多く、就職活動にはかなり強い。
  • 慶應義塾大学・・・早稲田大学と対をなす私立の雄。上場企業役員数が国内最多。
  • 大阪大学・・・西日本では京都大学に次ぐNo2。京阪神という枠組みで評価されることも。
  • 名古屋大学・・・中部地方トップの大学。三大都市圏の一つでもあり、地元の大企業も多く評価されやすい。
  • 東北大学・・・東北地方トップの大学。東北地方の採用活動の中心となる。
  • 北海道大学・・・北海道のトップの大学。北海道での採用活動の中心となる。
  • 九州大学・・・九州地方トップの大学。九州での採用活動の中心となる。
  • 神戸大学・・・京阪神の枠で扱われ、就職活動においては全国的にも旧帝国大学と同等の扱いを受けます。

 

まとめ

学歴フィルターとそれを考慮した就職に有利な大学について解説していきました。学歴フィルターは採用活動においてもはや無くすことはできないものとなっています。しかし、学歴フィルターはあくまで就職活動の入口に立てるというものに過ぎず、学歴フィルターを通過できる大学に通っていれば、それだけで有名企業に採用されるようなものではありません。

また、学歴フィルターにかかってしまう大学だからと悲観的になりすぎるのもよくありません。学歴フィルターを使っていない大企業や優良企業もたくさんあるので、学生生活のなかで様々なことに挑戦し、高学歴にも負けないようなエピソードをいっぱい作っていきましょう。

 

函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

札幌で最高の学習環境を手に入れる →

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

■ 札幌 発寒校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校(琴似)

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23

■ 札幌 宮の沢校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒063-0828 札幌市西区発寒8条10丁目3-20