個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/

子を持つ親が考えることとは?マナビバが紹介!

子供を持つ親は日々悩み、多くのことを考えています。

親は子供のことを思い、毎日何かについて悩んだり、どうするのが良いのかと考える日々が続きますが、子供を持つ親というものは日々何を考えるのでしょうか。

子供を持つ親として子供が小さなうちから親が手本になったり、愛情を注いだり、子供の声を聞いていくことがとても大切になります。

そこで今回は子供を持つ親が考えること、そして親はどうしていくのが良いかについて紹介していきます。

子どもの良い手本となろう

子どもは親の背中を見て育つと昔から言われています。そのため、親がまず子供にとっての見本となることが大事なことです。

子どもにとって、一番身近にいる信頼できる大人は親になります。小さい子であればあるほど親の影響を特に強く受けることになってきます。

子供はその親を見て真似る事で、生きる力がつくことから親が子どものためにできる一番大きなことは、「親の正しい姿を見せること」です。

人を受け入れる心の広い姿を見せる

人を受け入れる心の広い姿を見せることは子供にとって良い手本となります。

少しの過ちや、少々のミスは許してあげる広い心を持って理解を示すことが大切です。

それによって理解して受け入れてくれることで子供は安心につながります。

子供のやることや考えていることを全て否定する前に何をしたいか、何を言おうとしたのかなど子供の思いを考えてあげて心の広い姿を見せることが良いと言えます。

親から理解された子供は安心感を得ることとなり、自分だけでなく、他の人を受け入れることのできる人になることができます。

親として人を受け入れる心の広い姿を見せることを考えてみるのが良いと言えます。

物事の良い面を見るようにする

物事の良い面を見るようにすることで子供にとっての良い見本となります。

何事も否定から入ってしまっては子供も同じように否定しがちな子になるだけではなく、人格形成の面でも良い手本とは全く言えません。

子供にとっても物事の良い面を見てあげることは非常に良いですし、親を見て育った子供は他の人のことも良く見ることができる子供へと成長することもできます。

何事も物事の良い面を見ていくことも親が子供の見本となれる一つになります。

何事にも一生懸命取り組む

何事にも一生懸命取り組む姿勢を見せていくことが子供にとっての良い見本となります。

何事も手抜きをしている大人よりも何事にも一生懸命な大人の方が、子供にとって後々見習うべき見本となります。

一生懸命取り組んでいくことによって親である自分自身の成長にもつながってきます。それに加えて、子供も見習うべき存在として親であることを認識するようになります。

一生懸命取り組む姿を子供にとっての見本にできるようにことも子供にとって良いと言えます。

正しい言葉遣いをする

正しい言葉遣いを大人である親が率先して子供を育てることも子供にとっての良い見本となります。

子供が言葉を覚えて真似をするのは親の話している言葉です。

丁寧な言葉遣いであれば子供も同様に丁寧な言葉を使うようになりますし、乱暴な言葉遣いをするようであれば子供も同じようにその言葉遣いを真似することになります。

大人である親が良い見本を見せれば子供も同じように真似をすることとなるのです。

しっかりとした正しい言葉遣いをして子供を育ててあげることも親として考えるべき事の一つです。

子どもの声を聴こう

子供に良い見本として見せていくのも大切ですが、親として子供の声を聞いてあげることも非常に大切になります。

一番近くにいる大人として一番身近に子供の声を聞いてあげることによって、子供は安心感を得ると同時に子供の考えていることもわかってきます。

理解を示してあげることが親にとって大切であると言えるのです。子供の考えを聞いたり、意見を尊重したりして子供の声を聞くことが親として大切です。

子どもの考えを聞いてみよう

子どものやる事なす事を「ダメ」と否定する前に、何をやりたかったのか?何を言おうとしていたのか?ということについて考えてあげることが大切です。

全てを否定してしまっては悲観的になったり、家で否定されるストレスから外で仲間に攻撃する子供になったりする可能性があります。

子供はうまく伝えられないかもしれませんが、子供なりに考えて物事は話していることが多くあります。

そのため、何もかもを否定する前に、子供の考えを聞いてあげて取り入れられる部分は取り入れることを親として考えてあげるべきです。

ルールや決まり事をつくるときには、子どもの意見も尊重する

家庭内でのルールや決まり事は子供の意見も尊重して決めていくことも考えてあげることです。

子供の意見を全て否定して厳しいルールを設けてしまっても、子供はそのルールを破るべく良くない行動や反抗的な態度で親と接していく可能性があります。

自分だったらどうかと考えてみることがまず大切です。そして子供の意見には周囲の友人のルールや、他の家はこうしているという内容も入ることが多くあります。

取り入れられる部分は尊重してあげて、ルールを作ることを考えてあげるのが良いと言えます。

スマートフォンに関してのルールについて読みたいときはこちら!

「言ってあげる」は注意!

親が代わりに言ってあげるということは避けましょう。

例えば、子供同士での喧嘩で親が仲裁に入っては子供同士の成長にはつながりません。

そして、子供も何かあれば親が助けてくれると考えるようになり、次第に親頼みになっていくことも想定できます。

子供にとっても教育上良いとは言えず、子供の成長のためにもなりません。

子供自身で何かあっても解決させる能力を身につ蹴るようにすることを考えるべきです。

親が子供の代わりに言ってあげるのではなく、子供同士での解決を測るようにできる子にするべきであると言えます。

子どもに愛情を注ごう

子を持つ親である以上、子供に愛情を注いで育てることを考えてあげましょう。

例えば、いつでも味方だよ、良くがんばったね、信頼しているよという言葉をかけてあげることで愛情を感じます。

このように愛情を持って育てられた子供は親への感謝や、自分が親になった時に同じように子供に愛情をかけて育てるようになります。

言葉がけや反抗期の時に向き合って対応することで子供自身も愛情が伝わることとなります。

愛情を感じる言葉がけとは?

子供を気遣う言葉がけや、子供自身が自分が愛されていると感じる言葉がけをしてあげることにより、子供は愛情を感じることとなります。

どんな時でも愛情を持って言葉がけをすることで、子供は親からの愛を感じることになります。

どんな時でも愛情を注いで愛情を感じる言葉がけをすることが一番大切です。

反抗期の時はどうしたらいい?

反抗期の時は見放さずに愛情を注ぎ続けることが大切です。

子供は不安から親には甘えても良い存在として反抗をしてしまいます。その一方で、親には認めてもらいたいという感情も同時に持っています。

いつも通り接してあげることによって、子供は安心をして、反抗期を脱するのも早くなります。

過度なコミュニケーションは逆効果になりますので、おはよう、おかえり、などの短いコミュニケーションが有効です。

反抗期であっても見放すことなく愛情を注ぐことが大切になります。

まとめ

今回は子を持つ親が考えることは何かということについて紹介していきました。

良い手本になったり、子供の声を聞いたり、そして子供に愛情を注ぐことを常に親は考えるものです。

子供にとって親はかけがえのない存在です。それと同時に親にとっても子供はかけがえのない存在になります。

子供を持つ親であれば何を考えるのかについて気になる人はぜひこれを見て参考にしてみてくださいね。

子供を持つ親についての他の記事ははこちら!

親が子供にしてあげられることについて紹介しています!

函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

札幌で最高の学習環境を手に入れる →

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

■ 発寒校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校(琴似)

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23

■ 宮の沢校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒063-0828 札幌市西区発寒8条10丁目3-20

■ 南郷18丁目駅前校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒003-0023 札幌市白石区南郷18丁目北7−17