個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/

家事や育児や仕事に限界を迎えた場合の解決法をマナビバが解説!

家事や育児や仕事を全て両立することはとても大変なことです。一人で全てを頑張ることはとても大変であり時に限界を迎えてしまうこともあります。

そんな時に解決法やストレスの発散方法があればリフレッシュも可能ですよね。

そこで今回は家事や育児や仕事に限界を迎えた場合の解決法を紹介して行きます。

どのような方法が解決法なのか、今回解説して行きます。

限界を迎えたときの解決法は?

限界を迎えた時の解決法としてこの6通りの方法を解決法として行ってみましょう。

  • 〜すべきではなく頑張りすぎない
  • 音楽を聴きながら家事をする
  • リフレッシュタイムを決める
  • 自分のご褒美を決める
  • 優先順位を決める
  • 家事分担をする

以上の通りの6つについて一つ一つ解説して行きます。

①〜すべきではなく頑張りすぎない

1番の解消法は頑張りすぎないことです。

完璧を目指して〜すべきと頑張りすぎるのではなく、8割くらいで大丈夫と少し心に余裕を持って頑張りすぎないことが大切です。

余裕を持たせることでゆとりもできますし、その余裕が子供に過ごす時間に笑顔で過ごすことができ、子供も元気に明るく過ごすことができます。

家事も育児も仕事も頑張りすぎずに取り組むことが大切です。

②音楽を聴きながら家事をする

音楽を聴きながら家事をするとリフレッシュになり解消法の一つとしておすすめです。

好きな曲を聴くことはリラックス効果や、安らぎの効果があります。

好きな曲をかけながら掃除などをすることで気持ちを盛り上げてすることも可能です。

限界がきて動けないけど…どうしてもやらないといけないときは、音楽を聴きながら家事をすることでリラックスしながら取り組むことができます。

③リフレッシュタイムを決める

1日の中でリフレッシュする時間を作りましょう。

昼は仕事、朝晩は家事・育児と休みなくずっと活動していると気も休まらずに疲弊してしまいます。

子供が寝た後のわずかな時間のリフレッシュでもその時間を毎日の楽しみとして過ごすことができ、その時間の楽しみ方が日頃のモチベーションにもつながります。

1日の中でリフレッシュする時間を作り毎日を過ごしてみましょう。

④自分のご褒美を決める

日頃から頑張っている分、自分へのご褒美を作ってあげてください。

コンビニスイーツでも、晩酌をするでもなんでも問題ありません。たまにはいつもより高級なご飯を食べるのもご褒美の一つです。

それをモチベーションに頑張ることで疲れた時でも頑張る原動力となります。

自分の中でもご褒美を決めてそれをモチベーションに頑張ることも解決法の一つです。

⑤優先順位を決める

家事・育児・仕事において物事の優先順位を決めて取り組むことも解消法になります。

どれを最優先して取り組むのか優先順位を事前に決めておくことで、あらかじめどれをやるべきかはっきりとするため悩むことも少なくなります。

そして、無理をしないことにもつながり、優先順位を決めておけば手抜きになったとしても疲弊せずに、できなかったと自己嫌悪にならずに過ごすことができます。

優先順位を決めておいて、取り組むことで辛くならずに取り組むことになります。

⑥家事分担をする

家事分担を行うことで一人で家事をせずに負担が分担されるため一つの方法となります。

父親、母親で家事、育児を分担することでどちらも負担が大きくならずに家庭内の物事を取り組むことができます。

さらに、仕事が遅くなった時でも分担しておくことで全てやらなくて良いことから負担が軽減されます。

ストレスを溜めないことにもつながりますので、一人で頑張りすぎずにぜひ分担することをお勧めします。

家事・育児・仕事を両立するコツ

全て両立しようとするととても忙しくなりますので、それでも両立する方法としてこの5個のコツをご紹介します。

  • 子供との向き合い方は量より質
  • 余裕を持って8割でOKと考える
  • 作業の時間を決めて取り組む
  • スキマの時間に楽しみを
  • 周りと比べない

①子供との向き合い方は量より質

子供との向き合い方を量より質と考えてみることが両立のコツの一つとなります。

長い時間ではなくても充実した時間を過ごすことで親子の両方とも心に余裕が生まれて優しい気持ちで接することができます。

子供を祖父母などの第三者に一時的に預けることは他人に慣れてもらうチャンス、順応性を高められるとポジティブに考えて捉えることもできます。

子供との向き合い方は量だけではなく質を高めて愛情を持って接することで両立もできますし、子供も満足します。

②余裕を持って8割でOKと考える

常に8割でOKと考えてあげることで気分が楽に両立ができます。

完璧にやろうとしすぎると無理が生じてしまい、精神的にも肉体的にも疲弊してしまいます。

疲弊しないように優先順位をつけて優先度の高いものからこなすのが両立のコツです。

さらに全てできた時には予定よりうまくできたと自分を褒めることもできます。

疲弊しないためにも常に8割くらいできれば良いという気持ちで取り組むと気分が楽に両立できますので、そのように心がけるのが両立のコツです。

③作業の時間を決めて取り組む

制限時間を設けて取り組むのがコツの一つです。

仕事をうまく進めるのと同じで、時間を設けることにより家事を効率よく取り組むことや時短にもつながります。

例えば、掃除に20分かかる場合は15分だけで終えると決めることで効率よく、スピード感を持って掃除をすることができます。

もし残ってしまった場合は別の日にまとめてみんなで取り組むことで余裕も持つことができ、家族間のコミュニケーションにもつながります。掃除以外の家事でも仕事でもこの方法は生かすことが可能です。

家事に制限時間を設けて取り組むのは一つのコツとなります。

④スキマの時間に楽しみを

合間の時間で楽しみを作ってリフレッシュする時間を作りましょう。

家事に育児に仕事にと取り組んだ場合、肉体的、精神的に疲弊してしまいます。

合間の時間で小説を読むことや、お茶を飲むでもなんでもいいのでリフレッシュをしましょう。

リフレッシュをすることで精神的に癒すことができ、次の作業も気持ちを入れ替えて行うことができます。

全て全力でずっと頑張りすぎずに、合間は休憩して楽しみを作りましょう。

⑤周りと比べない

他の人と自分を比べるのはやめましょう。

周りと比べてしまうことで、人によってはここが劣っている、と自己嫌悪に陥ってしまうことにつながります。

他の人と比べるのではなく、過去の自分と比べる方が良いです。

今までよりの進歩、成長も感じられて前向きにもなれますし、自分に自信を持つこともできます。

他の人と比べるのではなく、過去の自分よりできているところを見るのが両立のコツです。

 

 

マナビバに少しでも興味がある方はコチラ!/

まとめ

今回は家事、育児、仕事の両立に限界が来た時の解決法についてご紹介して行きました。

一生懸命頑張ることはとても大切ですし、子供もその姿を見ていますが、無理をしてまで頑張らずに時には息抜きもしながら自分の中で余裕を持って日々取り組むことがおすすめです。

ストレスを抱えたりしてしまうことも多いかもしれませんが、人とは比べず自分は自分くらいの気持ちで取り組むことが一番です。

できたこと、頑張ったことを褒めてあげられるくらいの余裕を持って日々を過ごしましょう。

両立に関してストレスを抱えている方、限界の方がいたらぜひ取り入れてみてくださいね。

 

単身赴任について他にも知りたい人はこちら!
函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

札幌で最高の学習環境を手に入れる →

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

■ 発寒校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校(琴似)

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23

■ 宮の沢校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒063-0828 札幌市西区発寒8条10丁目3-20

■ 南郷18丁目駅前校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒003-0023 札幌市白石区南郷18丁目北7−17