個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/

子を持つ親として出来ることとは?マナビバが解説!

親として誰しもが一度は悩むこととなる、子供にできることは何かという問題があります。

愛情を持って、多くの愛情を注ぎ育てている親御さんが多いと思いますが、時に悩み、時には苦しみ、時には一緒に喜び、子供に向き合っている人も数多くいます。

子供を持つ親として子供が小さなうちから親の姿というものを見せていくことがとても大切になります。

そこで今回は、子を持つ親としてできることは何かについて紹介していきます。

親の生きる姿を子供に見せよう!

親が子供にできることとして、親の生きる姿というものを見せるということが子供にできることになります。

子供は親を見て育つこと、そして親から得た影響で価値観を形成していくため、親の背中を見せることが一番良いと言えます。特に子供が小さければ小さいほど価値観に関して、大きく影響を受けるので小さいうちから親の姿、背中を見せることが良いと言えます。

子供が小さいうちから子を持つ親として、この5つの姿を見せることが大切です。

  • 目標に向かう姿
  • 成長していく姿
  • 問題に立ち向かう姿
  • お金を稼ぐ姿
  • 寛大に受け止める姿

以上の5つを親が率先して子供に見せることで子供も親の真似をして育っていきます。

目標へと向かうことで、小さい子供であれば影響をより強く受けて、将来の目標の見つけ方について自分なりに学んでいくことになり、目標を持って物事を進める事のできる子へと育ちます。

親の姿勢や姿を見せてあげることにより、子供にとってその姿が常識となり価値観となっていくので、子供の成長のためにも子を持つ親が子供にできることとして自分の生きる姿を見せてあげることが大切です。

先ほどの5つの親の姿を見せることがなぜ必要なのかについてそれぞれ解説していきます。

目標に向かう姿を見せる

親が率先して目標に向かっていく生き方を子供に見せることが大切です。

なぜなら、それを見た子供も目標に向かって生きることを真似をして常識となっていくからです。

子供がいるからできることや、仕事などで目標に向かってステップアップしていく姿を見せることは子供の将来にとっても大切であり、子供を持つ親が子供にしてあげられることになります。

小さい頃から一生懸命目標に向けて頑張る姿を見せることにより、子供も親の姿の真似をして目標に向かって進む子供になっていきます。

資格取得や仕事の出世、習い事でもなんでも良いので、親が目標に向かって進む姿を見せていくことが子を持つ親が子供にできることです。

成長していく姿を見せる

親が成長をする姿を子供に見せていくことも子供にできることの一つです。

親と言っても人間であり、成長していくことが大切です。大切な子供の成長を望むのであれば、親の成長も子供の成長には欠かせません。

子供の育て方には正解はなく難しいものですが、試行錯誤する姿、成長する親の姿を見て親の苦労、成長を感じ取って、子供は成長していきます。

親が成長していく姿を見せることも子供にできることの一つですし、それを見た子供も成長していくことになるため親自身も子供のために成長を見せていくべきです。

問題に立ち向かう姿を見せる

問題に立ち向かっていく姿を見せることも親が子供にできることの一つです。

例えば、問題が起きた時にはどう解決していくかを大人である親がまず子供に見せることにより、子供自身も目の前のことを解決していく必要があることを小さいうちから親を見て学んでいきます。

転んでも手助けばかりしては転んだまま起き上がれない子となってしまいますし、手を差し伸べて助けてあげたいと思ってもその都度助けてばかりでは、何かあった時に子供が自力で問題解決ができない子となってしまいます。

このようにならないためにも、問題に立ち向かう姿を大人がまず見せてあげることも子供の成長のためにも必要であり、親が子供にできる事の一つになります。

お金を稼ぐ姿を見せる

お金を稼いでいる姿を見せることは子供にとって親ができることであり、子供に非常に大きな影響を与えます。

お金を稼いでいく大変さを間近で見せていくことで、子供も親に感謝の気持ちを持つことになります。それと同時に、お金を稼いでいく大変さを間近で小さい頃から子供なりに学んでいくこととなるのです。

仕事の様子も子供に伝えられる範囲で伝えることで、子供の将来の目標にも良い影響を与えることになったり、親の影響を受けて親と同じ仕事に就きたいと子供が思うことも中にはあります。

お金を稼ぐ大変さを子供なりに覚えていくことで学校で勉強をする意味や親の頑張りが伝わり、子供にも将来の夢や人生について考えることになります。

いつの時代になっても、親は子供や家族のために働いているものであり、その働く大変さ、やりがいなどを子供が小さいうちから伝えることがとても大切です。

お金を稼ぐ姿を見せていくことは子供のために親ができることの一つです。

寛大に受け止める姿を見せる

親ができることとして、寛大に子供を受け入れる姿を見せることも子供にできる親の姿の一つです。

子供にはどんな個性を持っていたとしても、親が理解して受け入れてくれることが子供にとっての安心につながっていきます。

子供のやること、やりたいことなどを否定する前に、まずは親から子供の想いを知るために努めてみることが非常に大切です。

特に小さい子供の場合は、想いを中々上手に伝えることができません。それでも想いを知ろうとすることは子供にも伝わりますし、理解しようとしていると感じた子供は安心感を得ることにもつながります。

寛大な心で子供を受け入れる姿を見せることも子供に親ができる事の一つになります。

親の姿を見せるときの注意点

親の姿を見本としていく上で、以下の3つのポイントを注意しておくことが大切です。

  • 余裕を持つ
  • 生活習慣は整える
  • 人生を楽しむ

親の姿を子供に見本として見せる中で、余裕がないことでイライラにつながったり、態度や生活習慣もいつの間にか乱れているることにつながっていきます。

余裕のない様子や生活習慣が乱れ切った様子、余裕がなく人生に疲れ切った様子を見せてしまうことで子供も良くも悪くも大人である親の真似をします。

特に、小さい子供であれば、親の真似をすることにもなるので親の見せる姿として注意をしなければなりません。

親の生活習慣、育てていった環境を子供は見習い、自分が親になった時に親の姿として多かれ少なかれ真似ていくこととなります。

さらに、自分自身が人生を楽しんでいるかも大切です。

親の様子を子供は常に見ていますので楽しんでいるのかどうかも定期的に確かめておきましょう。

まとめ

今回は子供に親ができることとは何かについてまとめていきました。

親はいつも子供のためを思い、多くの愛情を注いで育てています。そして、日々苦労しながらお金を稼ぐ姿を見せたり、問題に果敢に立ち向かったり、大人として寛大な心で受け止めてくれることは子供も日々見ています。

子供は親の姿を見て多くのことを学んでいきますし、それが小さいうちであればより大きな影響を親から受けていくこととなるので、親の姿や、親しかできないことをたくさん子供に見せてあげて、子供に良い影響を与えてください。

函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

札幌で最高の学習環境を手に入れる →

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

■ 発寒校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校(琴似)

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23

■ 宮の沢校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒063-0828 札幌市西区発寒8条10丁目3-20

■ 南郷18丁目駅前校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒003-0023 札幌市白石区南郷18丁目北7−17