個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/
 / 最終更新日:

札幌の中学受験はどうなの?中学受験のメリット・デメリットとは?マナビバ調査!

2020年度の大学共通テストなどの入試改革の影響を受け、最近中学受験や高校入試でも大学付属高校に行きたい希望者が増えてきています。

やはり、中学校から大学まで安心して上がっていかれればと考えている保護者は多いと思います。

北海道の中学受験とは?

北海道の中学受験とは?

札幌市内の中学受験が必要な学校一覧

この8つの学校があります。

普通中学校は義務教育なので、特に心配はいりません。

お金をかけて塾に行ったり、家庭教師を雇ってまで、中学受験をする上でのメリット、デメリットはどんなことなのでしょうか?

中学受験をするメリットとは?

中学受験をするメリットとは?

①子どもの長所や可能性を上げられる

中高一貫校は、公立や国立、私立に行くかによっても学習カリキュラムや教育方針が学校ごとに異なります。

高い水準の教育を受けたい、英語学習に注力したい、のびのびした環境で子どもの自主性や表現力を高めたいなど、目的もさまざまです。

インターネットや資料の情報はもちろんのこと、オープンキャンパスや説明会などに参加し、実際に学校の雰囲気を見て来てくださいね。

いろいろな学校に足を運び、比較検討した上で学校選択をすることで、子どもの特性を伸ばせる学校に出会えるはずですよ!

②大学進学に向けての準備ができる

中高一貫校は大学受験に向けての学習を入学時から5年間で進めていきます。
最後の1年間は入試演習になるので、大学受験を念頭に置いて学習できるのがメリットです。

ただ学習進度が一般的な中学校に比べて、かなりスピードが速いです。特に英語、数学は予習、復習をしっかりしていくことが大切になります。

大学附属の場合は、毎回の定期テストや内部模試の成績なども重視されます。

③細かい知識を身に着けられる

中学受験の勉強内容は、大変細かく通常の小学校教育課程では習わないような学習内容にも触れていきます。

例えば、算数のつるかめ算、植木算などや、国語の意見文や記述問題は小学校のテストには出てこないぐらい長いものも多いです。

中学受験の勉強は、だいたい小学校3年生か4年生からスタートします。

最近の中学受験の問題は思考力、判断力、表現力に特化した問題も増えてきているので、対策しているうちに自然とそのような力を身に着けることができます。

④精神的に強くなる

中学受験はかなりの長期間の勉強が必要になります。難易度が高すぎる問題が出て来て、精神的にへこんでしまう時もあるかもしれません。

なかなか思うように模試の偏差値や点数が上がらず、成績が伸び悩んでしまう時期もくると思います。

たくさんの問題パターンを解くことで、難易度が高い問題にもチャレンジしてクリアできる能力が身に付きます。

その中で困難に負けず、打ち勝つことのできる強い精神力が培われていくのです。

中学受験をするデメリットとは?

中学受験をするデメリットとは?

①小学校の学習以外に勉強しなくてはならない

通常の小学校では中学受験対策やそれに準じる内容は習うことができません。小学校以外に中学受験の勉強のための時間を割かなくてはなりません。

膨大な演習を積まなくてはならないので、かなりの長期戦を覚悟する必要があります。

②かなりのお金がかかる

中学受験対策を行うためには、中学受験に対応している学習塾に通う必要があります。

通信教育などでも中学受験はできますが、圧倒的な中学受験に対するノウハウが違います。

学習塾は通常のレギュラー授業の月謝の他に、春休み、夏休み、冬休みなどの長期休暇の際には季節講習会もあります。

また、私立中学は特にそうですが、授業料、教材費、通学費、海外の修学旅行費用、設備維持費など普通の義務教育の中学にはない費用が別途かかってきます。

最近は奨学金制度や給付金制度なども整ってきていますので、世帯年収によっては地方自治体や国や県などから支援を受けることもできます。

③新しい友達を作らねばならない

学校に通う上で人間関係を構築することは、子どもの世界でも必要なことですよね?地元の小学校6年間通った仲間と離れて、中高一貫校に行くわけですから、また新たな友達作りが必要になります。

同じ塾から来た同級生がいる場合もありますが、誰もいない場合もあります。
中高一貫校は6年間同じ学校になるので、初めの人間関係はとても重要になりますね!

2021年の北海道の中学受験入試はいつ?

2020年の北海道の中学受験入試はいつ?

2021年の北海道の中学受験は早い場所だと10月25日からスタートします。最終入試は2月5日なので、かなり日程に開きがありますね!

一番入試が集中しているのは、1月7日と11日になります。よく塾の先生に相談して、併願校を決めてくださいね!

詳しくは私立中学一覧を見ると、細かい学校ごとの日程が掲載されています。

函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

札幌で最高の学習環境を手に入れる →

■ 発寒校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

お問い合わせは365日24時間いつでも可能です。

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

■ 札幌西本部校(琴似)

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

お問い合わせは365日24時間いつでも可能です。

お電話が苦手な方はお気軽に

お問い合わせフォームからご連絡ください