個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/

子を持つ親が教えるべきマナーとは?マナビバが紹介します!

子供を持つ親は日々子供の教育について悩み、考えています。

親は子供のことを思い、毎日何かについて悩んだり、どうするのが良いのかと考える日々が続きますが、子供を持つ親はマナーについてもどのように子供に教えたりすれば良いのでしょうか。

特に、小さいうちにマナーを教えていくことが非常に大切であり、親が見本となって教えることが重要です。

そこで今回は子供を持つ親がするべきマナーについて解説していきます。

最低限のマナーを教えよう

特に小さい頃にマナーを身に付けさせることが非常に大切です。

理由として、マナーがなっていないで大きくなると子供だけではなく、親も恥ずかしい思いをすることになること、子供が大きくなったときに知らないと困ることが理由です。

このように、生きていく上での最低限のマナーは小さい頃からきちんと教えていくことが大切になります。

子供も親の真似をして育つことから、親が率先して最低限のマナーは守って子供にも教えていくことが子を持つ親としてとても大切なことになります。

箸の使い方に気をつけよう

お箸の持ち方、使い方は小さい頃から訓練するべく教えていく必要のあるものとなります。

お箸で受け渡しをする拾い箸や、器を引き寄せる寄せ箸などはお行儀が悪くマナー違反になります。

また、箸の持ち方が汚いと、ご飯がきちんと食べることができず、箸でつまめないということにもつながってきます。

このようなことになってしまうと、大きくなった時に恥ずかしい思いをするのは子供です。

お箸の持ち方、使い方は小さいうちからマナーとしてしつけていくことが大切になります。

ご飯の食べ方に気をつけよう

ご飯の食べ方によって相手の印象も変わることから、小さい頃からマナーとして教えていく必要があります。

くちゃくちゃと音を立てて食べたり、口に入った状態でおしゃべりをしたりするのは相手の印象も悪くなってしまいます。

そうならないためにも、小さい頃から楽しく食べることが一番大事ですが、ご飯の食べ方は綺麗に食べられるように教えていくことが大切です。

魚を綺麗に食べたり、綺麗な箸の持ち方をすることは大人になってから覚えるよりも、小さい時に教えることで身につくものです。

ご飯は楽しく食べることが一番ですが、大人になった時に子供が恥ずかしい思いをしないように小さいうちから教えていくことも親の役目です。

挨拶をきちんとしよう

挨拶がきちんとできる子に育てることも大切です。

挨拶をされたのに返さないことはマナー違反ですし、人としての人格を疑われることにもつながります。

そのため、元気よく挨拶ができる子にするために、親である自分がまず挨拶を率先して行うようにすることで子供も真似をしてできるようになります。

お隣さんや、お友達、大人の人などに自分から挨拶をするようにして、子供も挨拶がきちんとできる子にすることが大切です。

家で挨拶をする

おはようございます、いってきます、ただいま、おかえり、いただきます、ごちそうさま、ありがとうございますなどの言葉は家族の中でもとても大切です。

きちんと挨拶ができるようになるまで、お家の中で毎日挨拶をして、習慣化させることが大切です。

他の人に挨拶をする

近所の人、お友達などの他の人の挨拶も小さい頃から行って習慣化させましょう。

小学校に入る頃にはです、ますなどの敬語も使えるようになるため覚えてもらうようにすることも大切です。

嘘はつかないようにしよう

嘘をつかないことも小さいうちから教えることが大切です。

嘘をつく人は信頼されず、仲間を失ってしまいます。そのため、小さい頃から嘘をつくことはいけないと教えることが大切です。

嘘は泥棒の始まりと長年言い伝えられているように、犯罪に結びついてしまうような嘘を平気でつく子供になってしまっては困ります。

小さい頃から物事を正直に伝えることや、嘘はなぜいけないのかを教えてあげるようにしましょう。

大人になるためのマナーの一つに嘘をつかないこともあげられます。

交通ルールは守ろう

交通ルールを守ることも教えることが大切です。

信号無視や自転車での暴走などを平気で行う人もいますが、事故や怪我につながることもあるためよくありません。

交通ルールの違反は他の人に迷惑にあるだけでなく、事故につながった時には多くの人が悲しむことになります。

また、信号を渡る時には手を上げて渡ることも小さい頃に教えるべきです。

運転手からは子供の身長では見えにくく、死角となるため事故につながる恐れもあります。

そうならないためにも交通ルールを守った上で生活していくことを親として教えていくべきです。

他の人のお家でのマナーに気をつけよう

自分のお家でなく、お友達の家に遊びにいくときなどはマナーに気をつけることと、他のお家のルールを守りましょう。

以下のような内容は小さい頃から教えておくことです。

脱いだ靴を揃える

脱ぎっぱなしにしてしまうのはお行儀が良くありません。小さいうちから家族内でマナーとして教育しておくことで、他の人の家でもできるようになります。

勝手に冷蔵庫などを開けない

人の家の冷蔵庫は勝手に開けないように教育しましょう。自分の家でやってOKでも外ではマナー違反であることは教育しましょう。

おいてある物は勝手に触らない

人の家のものはおもちゃでもなんでも勝手に触ることは避けることは教えなければなりません。

自分の家のものより人のものの方が大切であると教えていくことが大切です。

許可を得てから行動する

おもちゃやトイレに行っても良いかは許可をとってから使うことは教える必要があります。

人のおうちで勝手に物を使うのはマナーとして良くありませんので、教育する必要のある一つです。

後片付けをして帰る

自分の家でもさせておくものになります。子供は特に、家でやっていないことは外でもやらないため、家で教えておかなければ外では片付けをすることがありません。

家で教えたマナーが外で出るため、自分の家の中でもできるように教えておく必要があります。

子供を持つ親についての他の記事ははこちら!

親が子供にしてあげられることについて紹介しています!

まとめ

本日は親が子供にすべきマナーとは何かについてまとめていきました。

子供が小さいうちであればあるほど身につけるのも早く、より習慣化されることとなります。

このように、親が子供に教えておくマナーは小さい頃から教えておくことが大切です。

子供に教えるべきマナーについて参考にしてみてくださいね。

マナーについての他の記事ははこちら!

学生と社会人の違いについても含めて、社会人のマナーを紹介しています。

函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

札幌で最高の学習環境を手に入れる →

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

■ 発寒校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校(琴似)

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23

■ 宮の沢校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒063-0828 札幌市西区発寒8条10丁目3-20

■ 南郷18丁目駅前校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒003-0023 札幌市白石区南郷18丁目北7−17