個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/
 / 最終更新日:

勉強ができないことへの劣等感がある場合の解決策をマナビバが解説!

誰しもが一度は経験したことがある劣等感。

運動が苦手、勉強が苦手、歌うことが苦手など、誰にでも劣等感と言うものはあります。

その劣等感も多くの人が考えるものの、特に、勉強の劣等感に関しての解決策を考えることはあってもなかなか見つからないものです。

そこで今回は勉強ができないことへの劣等感がある時の解決策について解説していきます。

どのような解決策があるのか詳しくご紹介していきます。

劣等感はなぜ生まれる?

劣等感が生まれる理由

劣等感が生まれる理由として、他人よりも劣っていると言うことが劣等感が生まれる理由となります。

例えば、学校の成績で他人より劣っている、点数が取れないと言う部分から引け目を感じることはその一例です。

周りから見たときには些細なことにしか見えなくても本人には大変深刻に感じており、悩みとなっていることもよくあります。

このように得意、不得意が全く異なる他人と自分とを比べることで「自分はできていない」と感じてしまうことで劣等感を感じていきます。

このように他人よりも劣っていると言う面で劣等感を抱くことが大きな理由です。

劣等感は自分次第でプラスにできる

その一方で劣等感は自分次第でプラスにすることも可能なものです。

劣等感自体は人間にとって自然な感情であり、悪い影響ばかりではなく自信をつけることでプラスの方向に導くことができることができます。

例えば、頑張ればできそうな目標として英単語を1日10個しか覚えられない人は15個覚えると目標を設定して取り組んでみることはその一つです。

少し頑張ればできる目標を立てていき、達成できたときにそのできた結果に目を向けることで少し自信につながってきます。

劣等感が芽生える時というのは、優越感が満たされない時です。その劣等感をうまく活かして向上心の原動力と変えていくことでプラスに思考回路を持つことが劣等感の解消に必要です。

先程の例のように、劣等感をプラスに導くためには目標を立てて、それを達成したという自信を積み重ねていくことが必要と言えます。

以上のように勉強面でも「これができた」という自信を一つでも多く積み重ねることが大切なのです。

勉強への劣等感を解決する5つの解消法

劣等感はプラスに考えることにより解消できるものですが、これは勉強においても同じです。

以下の5つの解消法から劣等感を解消することは可能になります。

  • 達成できそうな目標から達成する
  • 将来の夢から目標設定する
  • 過去の自分自身と比較する
  • できたことに目を向ける
  • 好きなものと関連させて勉強してみる

達成できそうな目標から探していく

達成できそうな目標を探して取り組む方法は劣等感の解消法の一つです。

少し頑張ればできそうな目標を立てて、この人には勝ちたいという相手を見つけたり、これなら勝てそうだという目標を設定していき一つずつ達成していくのがおすすめです。

イメージしやすい例を挙げると、「数学は苦手だけど、国語は得意」な人の場合、数学の点数や順位で勝とうとしても当然勝てず、劣等感を抱えるだけ。であれば、国語で勝てばいいわけです。

一例ですが、点数の近いライバルを探し、そのライバルに負けない目標設定のもと勝つために取り組むといったやり方や、これなら頑張れば勝てそうだということを探し実際に挑戦することは劣等感の解消につながります。

競い合いことで負けたくないという気持ちも生まれるのと、近い目標となるため、目標が達成できた時は劣等感の解消だけでなく、達成感にもつながることとなります。さらに、勝った時には優越感にもなるため一つのおすすめの解消法です。

このように、達成できそうな目標を見つけて取り組んでいくことは劣等感の解消法の一つになります。

将来の夢から目標を設定する

将来の夢がある人はそこから目標を設定するのも劣等感解消の一つの方法です。

自分自身の目標があることによりどのようなルートで進めば良いかが明確化され、そのルートに向けて取り組むことが可能となります。

やらなければいけないことや、取り組まなければならないものが定まるためそれに向けて取り組むことで将来の夢が叶ったときには劣等感は一切なくなります。

目標が明確に設定できること、自分自身のやらなければならないことが明確になることから劣等感を感じている時間はなくなり、その目標に向けて取り組むこととなります。

このように将来の夢に向けて目標設定することも一つの方法です。

将来の夢の他の記事はこちら!小学生〜高校生向け!

過去の自分自身と比較する

過去の自分自身と比較し、成長した部分、できるようになったことを見つけていく解消法です。

他人との比較であれば人によっては疲れてしまうこともありますが、過去の自分自身の比較や競争は過去からの成長であり、事実を正しく評価することも可能になります。

例えば、昨日覚えられなかった単語が10個覚えられたということも成長と言えます。

このように、自分が前と比べてできるようになったこと、成長したことに目を向けていくことはプラス思考にもつながり良いサイクルとなります。

過去の自分自身との比較を行うことで、できるようになったことや成長したことを見つけていくことも劣等感からの解消法の一つとなります。

できたことに目を向ける

自分ができた部分に目を向けることも劣等感の解消法の一つです。

できなかったことに目を向けると劣等感がより芽生えてしまうため、新たにできたことに目を向けるのが良いと言えます。

例として、覚えた英単語が昨日が15個であり本日は10個であった場合に「5個減った」ではなく、「10個新しく覚えられた」とできるようになったことに目を向けていく方法です。

これにより自分の新しくできたことへの優越感や、過去との自分と比較しての成長を感じることにもつながります。

このように、新たにできたことなどの自分ができた部分に目を向けていくことも劣等感の解消の一つになります。

好きなものと関連させて勉強をしてみる

自分自身の好きなものと勉強内容を関連させて覚えていく方法は劣等感の解消にもつながります。

勉強が苦手だ、嫌いだという気持ちで勉強をしている人も多くいますが、脳科学の観点からもよくないやり方になってきます。

嫌いと感じてしまうことは脳のパフォーマンスの低下にもつながり、暗記であれば覚えが、読解であれば思考力が低下しさらに勉強が進まなくなります。

その反面、好きなものと関連させることで記憶の定着がしやすくなるため、好きなものと勉強を関連助けてプラスの印象を持ちながら覚えると勉強も捗ってきます。

好きなものとの関連で記憶の定着にもつながり、できたと感じることで脳のパフォーマンスの向上にもなることからおすすめの方法の一つです。

自分自身の何か好きなものと勉強内容の関連で勉強を進めていくことで勉強効率が上がり劣等感の解消にもつながるためこの方法も劣等感の解消法の一つになってきます。

まとめ

今回は勉強の劣等感の解決法についてご紹介していきました。

目標設定を行うこと、過去の自分と比較しできた部分に目を向けること、好きなものと結びつけて関連させていくことで効率が向上することなどが勉強の劣等感の解消につながってきます。

この解消法の共通点はプラスに物事を捉えることです。

勉強に関して劣等感があり解消法を探している人はこれを読んでぜひ試してみてくださいね。

勉強法についての内容も読みたいときはこちら!

暗算を覚えることで効率よく勉強が可能です!その方法を解説しています!

勉強のモチベーションを上げたいときはこちら!
その他の劣等感に関しての記事はこちら!

帰宅部が劣等感を感じるときについて詳しく紹介しています!

函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

札幌で最高の学習環境を手に入れる →

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

■ 発寒校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校(琴似)

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23

■ 宮の沢校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒063-0828 札幌市西区発寒8条10丁目3-20

■ 南郷18丁目駅前校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒003-0023 札幌市白石区南郷18丁目北7−17