個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/
 / 最終更新日:

朝型・夜型のどっちが良い?勉強・記憶力に良いの?マナビバ調査!

あなたは朝型派ですか?夜型派ですか?

あなたはどちら派ですか?という会話が一度や二度、いや何度もしたことがある人が多いかと思います。朝型、夜型、どちらにもメリットがあり、同じくどちらにもデメリットがあります。科学的な面も踏まえて、それぞれご紹介していきたいと思います。

中学生に向いてるのは朝型?夜型?

結論から先にお伝えしますと、間違いなく、中学生であれば

【朝型】がベストです!!

その具体的な根拠や理由をお伝えしていきます。

朝型とは?夜型とは?なぜ分かれるの?

ここでは朝型・夜型になぜ人は分かれるのかについてお話ししていきます。

その前に、まず朝型・夜型とはそれぞれどういうことなのでしょう。

早起きが得意という「朝型」の人もいますし、その一方で夜の方が集中できる「夜型」の人もいます。

では人はなぜ朝型人間と夜型人間に分かれるのでしょうか?

朝型、夜型の違いは、その人の得意、不得意ではなく遺伝子によって決まっているようです。人間の体内時計を調整する遺伝子により、朝型、夜型で分かれるのです。世間一般のイメージとしては、朝は規則正しく、夜は不規則であると考えられる方が多いかと思います。ただ、そうとは言えず、朝型、夜型にはそれぞれメリット、デメリットがあると言えます。


朝型・夜型は遺伝子による違いということが分かりましたので、次に、朝型・夜型について説明していきたいと思います。

朝型・夜型ってそれぞれなに??

朝型の人はこんな人?

朝型の人は早寝早起きが体に染み付いており、日々の習慣となっています。

当然、起きた時の目覚めも非常に良く、二度寝をすることも多くありません。

朝も余裕があり、ゆったりとした1日のスタートを切る方も多いかと思います。起きるのが早いため、当然夜寝るのも早く、夜遅くまで過ごすということも少ない人が朝型には多いです。

勉強面では朝スッキリと起きられるため、起きたときに身体がベストコンディションで集中力も高まりやすくなります。

また、朝の時間が限られるため、短時間で集中して取り組めるという面もメリットになります。

生活習慣が非常にしっかりとしているその一方で、夜更かしをせざるを得ない時など寝る時間が遅くなったときには睡眠不足に陥りやすい方が多いのも朝型です。睡眠不足に陥り、体調を崩してしまうケースというのも多々あります。

夜型の人はこんな人?

 夜型の人は朝型の人と比べ、早寝をしない、むしろ苦手な方も多いので人と交流を図るなど、時間の使い方が朝型の方より柔軟にできる方が多いです。

勉強面では寝る前ということで情報が整理され、覚えやすくなる点が挙げられ、寝る直前に覚えたことを朝もう一度復習できれば記憶の定着にも繋がります。

また、朝だと眠たく頭が働かず向かない長文問題、難しい応用問題に取り組む時間が作れるのも利点です。さらに、夜更かしをしても体調を崩すことがないことも多く、タフな人が多いのもメリットです。

しかし、自律神経を乱してしまう可能性が高いのも夜型の方で、精神的にイライラしがちになってしまったり、夜遅い生活が続くため肌荒れや、食生活の乱れから太りやすくなるといったデメリットもあります。そして勉強面では、勉強が進まず夜更かししてしまった場合、寝不足となり翌日以降も勉強の効率が悪くなる悪循環に陥ってしまう可能性もあります。

朝型・夜型を変えるのはどんな方法??

朝型・夜型を変える方法というものは果たしてあるのか?

ということで、こちらも説明していきます。

先ほど、遺伝子で朝型・夜型が分かれている、ある程度決まっているというお話をしていきました。しかし、成長するにつれて朝型から夜型になった、一方、夜型だったのが朝型に変わったという方も中にはいるのではないでしょうか。

そうは言ったものの、とあることを行うことで朝型・夜型を変えることもできるようです。

大きく分けて3つありますのでそれぞれご紹介します。いずれも体内リズムの調整に関連します。

起きる時間を毎日一定にする

寝る時間が不規則でも構いません。まずは、起きる時間を決めて毎日同じ時間に起床するようにしましょう。休日でも1〜2時間程度遅い時間にとどめて毎日同じ時間に起床する習慣をつけると良いと言われています。その時に必ず行って欲しいのが、太陽の光を浴びるということです。光を浴びることで身体が起床時間と認識し、目が覚めるのです。カーテンを開ける、窓を開けて光を浴びる、何でも構いませんのでそうすることで目が覚め、脳の働きも活発化します。

食事の時間を一定にする

人間の体内リズムを作るために必要なのが食事と言われています。毎日同じ時間に食べるようにすることで体の動きが非常に良くなります。特に朝食を食べることが良いとされていますので、朝ごはんは食べるようにしましょう。食べることで内臓の働きが活発になり、脳、身体が起きることになる以外にも体内リズムとして身体が認識していきます。朝は食欲がない…という人も一定数いるかと思いますので、カップスープ、ヨーグルト、バナナと言った簡単な食事でも問題ないとされています。昼食、夕食も一定の時間がいいとは言われていますが、家庭の事情もあり難しいこともあるかと思いますので、朝食から始めてみるといいと思います。

③運動を毎日行う

運動をすることのメリットは、脳の活性化、ストレスの低減、健康的な体作りなど、さまざまなメリットがあります。研究結果からも明らかとなっている事例です。ただ、あまりにも過度な運動はかえってストレスとなってしまいますので短時間でできる運動としてウォーキングを推奨します。10分間歩くだけでストレス軽減も含めて多くの効果があると言われています。休日の朝起きてから試みるのも一つ良いとされている方法です。

このように、体内リズムを調節することで、朝型・夜型の生活改善を図ることができるようです。30分早く寝る、30分早起きをするなど、少しずつの改善で生活習慣の改善が図ることができるでしょう。

朝型・夜型、科学的に良いとされているのはどっち??

朝型・夜型のどっちが科学的にはいいとされているのでしょうか?

今までは、朝型・夜型のメリット、デメリット、または改善方法についてお話しして来ました。さて、朝型・夜型のどちらがいいとされているのでしょうか?

科学的根拠も踏まえて説明していきたいと思います。

中学生であれば、間違いなく「朝型」がベストです。

なぜなら、朝型の生活に慣れておくことで、入試、定期テストに難なく対応することが可能だからです。そして、中学生ということを考えると、試験は必ず朝から始まるということも大きく、試験の開始時刻は9〜10時に始まることが多いです。朝型に普段からしておくことで、夜型から朝型に変更することなく普段通り望むことができること、朝から脳を活発にした状態で試験、定期テスト、そして普段の授業にも臨むことができることが挙げられます。脳科学的に、脳は起きてから3時間ほど経過しないとフル回転しないと言われており、先述したとおり、9〜10時開始が一般的なので、6〜7時頃に起床するのが理想ではないかと考えます。

夜型の方で早急に変えるのは大変という方も多いかもしれません。その時は先述した起床時間を毎日一定にすること、運動をして早寝を心がけることなどを行いつつ、テストが近づくにつれて生活習慣を朝型に改善していくのも一つです。

朝型の習慣に変えることで、脳がフル回転して状態で朝から過ごすことができますよ。

 

合わせて読みたい!

公開日:2021/07/28 / 最終更新日:2021/08/20

昼夜逆転したらどうしたら良いの?解決方法(治し方)や原因を紹介します!

↑ 昼夜逆転について詳しく説明しています。ぜひ読んでください!

 

まとめ

以上、朝型・夜型のどっちが良いかについてお話してみましたが、みなさんいかがでしたでしょうか。

朝型・夜型それぞれのメリット、デメリットをお話してみましたが、どちらにも良い面とそうではない面と当然ありましたね。

入試、定期テスト、授業に臨む上では朝型の方が生活習慣を変えずに望める分、朝型が良いのではないかという見解でまとめさせていただきました。

朝型・夜型の習慣を急に変えるのは困難かもしれませんが、少しずつ改善を図れば朝型の習慣で試験に挑めるはずです。

毎日少しずつ取り組んでみてくださいね。

函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

札幌で最高の学習環境を手に入れる →

■ 発寒校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

お問い合わせは365日24時間いつでも可能です。

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

■ 札幌西本部校(琴似)

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

お問い合わせは365日24時間いつでも可能です。

お電話が苦手な方はお気軽に

お問い合わせフォームからご連絡ください