個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/

2020-10-21

夜勉強はどれくらい効率的なのか検証

みなさん学生の方は日々勉強に追われていることと思いますが、いつ勉強していますか?
・・唐突な質問ですが、なぜこの質問をしたのかというと最近朝勉強というものが取りざたされることが多く、勉強は夜やったほうが良いのか、朝やったほうが良いのか議論になることがあるからです。

すぐに思いつくのは夜に勉強することですが、夜だと睡眠をとらなければという問題や、夜更かししてしまってつい勉強とは違うことをやってしまったり、面白い深夜番組を観てしまったり・・なかなか集中できる環境ではないかもしれません。

それに対して朝勉強は睡眠を十分にとった後早めに起きて目覚めの良い状態で勉強をするというものです。見た目は朝の方がさっぱりしていますが果たして勉強にはどちらが効果的なのでしょうか?この点を本記事では比較していきたいと思います。

朝勉強のメリット・デメリット

まず朝勉強の利点は、目覚めがすっきりしていることです。集中力が高まっている状態での勉強ができます。

次に朝に勉強する時間は短く限られているので何を勉強すべきかあらかじめ計画的に決めて、時間を浪費せずに勉強できます。

寝坊をしなくなるということも朝勉強の利点でしょうか、途中で寝てはだめですが・・

悪い点としては、朝早く起きようとしても夜遅く寝てしまった場合、睡眠時間が短くなってしまうことです。

夜勉強のメリット・デメリット

利点としては睡眠直前に勉強することが記憶に残るという点が良いことです。これは心理学的にも認められており、寝る前に勉強をすることで暗記がはかどります。英単語の勉強などが特に効率的で、30分勉強してから睡眠するだけでも記憶に残る確率がかなり上がります。

夜はいろいろゆっくりできる時間も多いと思うので、早く勉強を終わらせたいという気持ちが強くなり時間の管理が逆にできることもあるかもしれません。

悪い点としては勉強以外のことをしやすい点でしょうか。テレビを観たりゲームをしたり友達とチャットしたり・・友達が活動しているのが夜が多いと思いますので、つい連絡が来てだらだら電話してしまって、勉強する予定だった時間を費やす・・なんていうこともあるかと思います。

しかしながら人間の頭のことを考えた際に、朝と夜はそれぞれの良い点があるように思えます。

例えば朝について、目が覚めてさっぱりしているということは頭を使うことに関しては有効なのでは無いかと思います。数学の応用問題や物理のちょっと頭をひねるような問題を解くには意外と朝が良いかもしれません。

夜勉強は暗記系の勉強がオススメ

夜については、睡眠前の暗記力アップを意識して記憶を使うことに専念することが良いのではないかと思います。

最近は暗記アプリや単語テストなどを簡単にできるツールも増えており、時間の管理も同時に行えば時間を浪費することなく効率的な勉強ができます。

夜に考え事をするとぐるぐる堂々巡りになって眠れなくなるなんていうことはありませんか。思考力が強くなるのは夜とされていますが、それは良い方向にも悪い方向にも向かっていくと思います。

それを良い方向に活用するのであれば、現代文や社会の応用問題など、文系の応用問題は夜にすると良い結果が出るのかもしれません。

テスト勉強も英語や化学などではなく、総合教科や倫理など特別な授業が設定されている学校もあるかと思います。そのようなテストについてはじっくり考える時間をつくり、考えを事前に深めることが大事だと思います。そうすればインターネットなどで調べる環境ができているので事前の情報も準備できテストにも効果的です。

夜勉強と朝勉強は科目によって使い分けよう!

夜勉強も朝勉強も効果的なことがそれぞれにありますので、どちらが良い悪いということではなく、両方効果的に使うことがベストではないでしょうか?

例えば夜にどうしてもアルバイトが入る方や、朝に部活の練習があるので体力を温存しなければならない方もいるでしょう。生活のリズムは人それぞれなので、自分に合わせた効率的な勉強法を探すことが快適な生活への道だと思います。

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

 最高の学習環境を手に入れる →

■ 発寒南校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23