個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/

単身赴任は子供に何て伝えたら良いのか?伝え方をマナビバが解説!

家族が離れて暮らす事となる単身赴任ですが、単身赴任となることをどう伝えるのが良いのか。

中には父親と離れ離れになることが嫌な子もいますし、家族が離れ離れになることが嫌で泣き出す子もいます。

どのようになんて伝えるのか良いのか。今回は単身赴任を子供になんて伝えたら良いのかについて伝え方を解説して行きます。

子供への上手な伝え方は?

ポジティブに伝えよう

父親の単身赴任を伝えるときに、子供にはポジティブな情報も追加して伝えることが上手な伝え方です。

父親がいないことはとても寂しいのは間違いありませんが、例えば、新しいおうちがもう一個できるという言い方や、雪が降るからお父さんのおうちに行ったら雪だるまを作ろう、と言った声かけをすることで子供にとってマイナスなことばかりではないとイメージができます。

そしてポジティブな気持ちで送り出すことも可能となり、子供も父親の住んでいるところに行くことを楽しみにいくことができますし、それも一つの観光、思い出として楽しむことが可能となります。

ただ、注意点として今の環境が変わることになるので少なからず子供にとって負担となります。そのため、子供の気持ちに寄り添って声かけをしていくことが一番大切です。子供へのポジティブな声かけはとても大切ですが、それ以上に子供の気持ちに寄り添ってあげることが何よりも大切になります。

以上の部分を大切にしつつもポジティブな情報を伝えてあげることが上手な伝え方になります。

伝えるときの注意点は?

父親の単身赴任を伝えるときには、子供のことをよく考えて話すように注意しましょう。

父親からすれば遠方へ行くだけかもしれませんが、子供にとっては父親が遠方に行くということは一大事となります。

子供によっては泣き出す子、父親と離れたくない子もいますし、単身赴任をすることで精神的負担がとても大きくなります。

父親も子供と離れることは辛い胸中なのは間違いありませんが、一番負担が大きくなるのは子供です。

子供のためにも言葉を選んであげてよく考えて話すようにしてください。

単身赴任はいつ伝える?

単身赴任はいつ伝える?

単身赴任が決まったら、子供にはすぐに父親が単身赴任となることを伝えましょう。

そして伝えるときはお父さんが遠くで仕事を頑張ること、離れ離れになることもきちんと伝えてあげてください。

なぜなら、子供にとって父親が離れて暮らすということはとても精神的に大きな負担となるのが理由です。

子供によっては、父親参観に父親がいないという寂しさ、日頃の生活でも学校で周囲から父親の話を聞くたびに寂しい思いをすることにもつながるため、単身赴任が決まった段階で単身赴任となることを伝えてあげることが必要です。

そうすることにより子供にとっては父親が単身赴任となるまでに心の準備、気持ちの整理をする時間を作ることができます。さらに家族で父親が引っ越す前に出かける時間を作り、そこで思い出を作ることもできるのです。

子供にとっても父親と離れ離れになるのは非常に寂しく負担となる出来事の一つです。

子供のためにも単身赴任が決まったタイミングで伝えてあげましょう。

早く伝えるメリット

早めに伝えることで子供にとって心の整理がしやすくなります。

父親が単身赴任するまでの間に休みの日、仕事終わりなどにたくさん遊んで思い出作りも可能です。特に順応性の高い子、兄弟・姉妹でも上の子には早めに教えてあげるのが良いです。

順応性の高さで心の準備を、兄弟で上の子はその期間で少しだけでも大人になってくれて父親の単身赴任の心構えをしてくれます。

心の整理がしやすいことは早めに伝えるメリットです。

早く伝えるデメリット

早く伝えることで不安が大きくなることはデメリットです。

心配性の子や、神経質な子、そして父親と離れることが不安になりやすい子は早く伝えることは行くまでの間に不安が大きくなることが多いため、おすすめはできません。

その子に合わせて伝えたほうがよく、先ほどのような例に当てはまる子に早いうちから伝えてしまうことはデメリットとなります。

単身赴任は子供が何歳になってから?

単身赴任は、子供が小学校3年生、4年生以降が良いです。

理由としては友達のコミュニティができていることと、子供も大きくなっており父親の異動を理解できる年齢となっていることが理由となります。

ある程度大きくなってからの転校はコミュニティを一から作らなければならず、子供にとってかなりの負担となりますし、今の学校に愛着がある場合は転校を拒みます。そして、転校した場合に馴染むことができずに明るかった子が暗くなってしまうこともあります。

そうならないためにも、小学校3年生以降であれば単身赴任をして子供の環境を変えないほうが得策です。

子供にとっても、単身赴任をすることでもちろん寂しさもありますが、父親が遠くで一生懸命頑張ってくれることを理解してくれていますし、父親への感謝も芽生えるので悪いことばかりではありません。

反対に幼少期であれば、家族との団欒を楽しんだほうがよいこと、父親がいないことで寂しさをより強く感じてしまうことが多く小さい頃は家族で転勤についていくほうが良いといえます。

以上のことから単身赴任は小学校3年生、4年生以降での単身赴任がいいといえます。

 

 

マナビバに少しでも興味がある方はコチラ!/

まとめ

今回は、単身赴任で子供になんて伝えるかについて紹介して行きました。

子供にはポジティブに伝えてあげることが大切ですが、それ以上に子供に寄り添ってあげて言葉を選んであげることがとても大切です。

そして、ある程度大きくなったときは子供のコミュニティ、友人関係も含めて負担が大きいため単身赴任で行くことをお勧めします。

単身赴任は家族が離れ離れとなるため寂しさもあり、とても負担が大きなものとなりますが離れていても家族は家族です。

単身赴任の時になんと子供に声をかけて良いのかわからない方はこれをみて参考にしてみてくださいね。

 

函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

札幌で最高の学習環境を手に入れる →

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

■ 発寒校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校(琴似)

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23

■ 宮の沢校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒063-0828 札幌市西区発寒8条10丁目3-20

■ 南郷18丁目駅前校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒003-0023 札幌市白石区南郷18丁目北7−17