個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/

単身赴任で子育てが不安な場合の解決法をマナビバが解説!

家族が離れて暮らすこととなることが多い単身赴任ですが、子育ても別々で行うこととなります。

主に、母親が一人で子育てをすることが多く、一人ゆえに不安となる場面もたくさんあります。

そこで今回は単身赴任で子育てが不安な場合の解決法を解説して行きます。

どのような時に不安になるのか、そして解決法は何なのかについてご紹介していきます。

単身赴任で子育てが不安な時はどのような時?

単身赴任で子育てが不安になる時はこの4つの場合が特に不安になる時です。

  • 頼りたくても頼る人がいない
  • 仕事との両立が辛い
  • 肉体的に辛い
  • 風邪をひいた

この4つについて詳しく解説して行きます。

①頼りたくても頼る人がいない

頼りたい時に頼れる人がいないことが子育てにおいて不安となります。

父親がいない時に子供が駄々をこねていても、泣いていても一人で育児をしなければならないことは大変で不安を感じます。

そして近くで相談したくても相談できる人がおらず、誰かに頼るということができません。

育児に、そして家事に仕事にと全てを一人で頑張らなければならないことから頼りたい時に頼れる人がいないため、不安となることが単身赴任より増えてきます。

子供のしつけも一人で行わなければならないこともあり、頼りたい時に頼る人がいないことは単身赴任における子育てにおける不安な点となります。

②仕事との両立が辛い

仕事をしている方は仕事と子育ての両立が大変なことも不安な点となります。

一人で子育てをし、そして昼間は仕事に励みながら両立することはとても大変なことです。

さらに、子供の習い事の送迎がある場合は分担できていたものが今までと異なり自分自身で行わなければなりません。

仕事のストレスだけでなく、子育てのストレスも大きくなるため精神的な負担が非常に大きくなります。

③肉体的に辛い

精神的な負担ももちろんありますが、肉体的な負担も非常に大きく不安を感じます。

家事や育児においても一人でやらなければならず、単身赴任となると一日中に子供と向き合わなければならないため大変な点となります。子供と向き合うだけでなく子供が活発な時期であったり、兄弟がいる場合には遊んだり、かまったりすることでかなりの体力を消耗してしまいます。

父親がおり、二人で子育てができるときは父親は子供と遊んでもらっている間に家事を行うことも可能ですが、一人の場合は子供を見ながら家事、子育てを行うため非常に大変です。疲れが溜まると家事、子育ても思うようにできず不安を感じてしまうこととなります。

精神的な負担だけでなく、肉体的な負担が大きく不安に感じることも大変なポイントです。

④風邪をひいた時

風邪をひいた時はとても不安に感じます。

単身赴任でいないことで一人で快復させなければなりません。また子供が体調不良となった時には自分がお迎えに行かなければならず、また病院へ連れて行ったり、付き添ったりも一人でこなさなければならないことが非常に大変であり心細く不安になることとなります。

自分の体調が悪い時でも家事、子育ては行わなければならず、子供の体調が悪い時には看病のために休みをもらわなければならないこともあるため一人での子育てに不安を感じることとなります。

風邪をひいた時、子供の風邪の看病をしているときは不安に感じることが多くあります。

子育ての不安解決法は?

一人での子育ては不安がつきものですが、解決法としてこの4つの方法があります。

  • 適度に休む
  • 子供に手伝ってもらう
  • 連絡をこまめに取る
  • 家族との時間を作ってもらう

この解決方法について1つずつ紹介します。

①適度に休む

頑張りすぎずに適度に休みましょう。一人で頑張りすぎてしまうことで肉体的、精神的にも負担がかかり疲労が蓄積します。

たまにはランチを楽しんだり、子供が寝た後の時間を一人でゆっくり過ごすだけでほっとできる時間となります。頑張っている様子は子供が一番近くでよく理解しています。あまり頑張りすぎずに休める時は休みましょう。

②子供に手伝ってもらう

子供に家の仕事を手伝ってもらうことも解決法のひとつとなります。

お手伝いをする子供の成長がみて取れるだけでなく、皿洗い、風呂掃除などの手伝いをしてくれることでその時間は少し休むことが可能になるのでお手伝いをしてもらうのも手です。

気持ちに余裕を作ることができれば子供と向き合う余裕も生まれますし、子供もいつも頑張っている母親のお手伝いをすることで家族のありがたみ、大変さを知ることもできます。

子供に家の仕事を手伝ってもらうことは一つの手です。

③連絡をこまめに取る

連絡をこまめに取ることも解決法となります。

普段近くで見ることができないからこそ答えられる相談もありますし、身近に連絡をすることで夫婦のコミュニケーションにもなります。さらに一人で子育てをする時間が長いため余裕がないことも多く、寄り添ってもらえることや、問題点があった場合は、新たな角度からの提案があることで新たな解決策となることもあります。

さらに子供の様子を伝えたりすることで単身赴任中の家族も近況がわかるため、何をサポートすれば良いのかが明確になります。

一人で背負いこむことにならず、負担も軽くなるため連絡をこまめに取ることが解決方法の一つです。

④家族との時間を作ってもらう

これは母親よりも父親向けの内容となりますが、家族の時間を帰った時に作ってもらうようにしましょう。

普段会えない子供が父親と会えることで喜ぶのももちろんありますが、普段ストレスを抱えている母親のストレス軽減にもなります。子供は最近の出来事や遊ぶ計画をお話することで楽しみを作ることもできますし、子供も安心につながります。母親は普段の様子、日常を話すことで自分のストレス解消にもつながってきます。

家族との時間を作ってもらうことにより自分自身の負担も少なくなるため、帰ってきてもらう時には家族の時間を作ってもらうようにしましょう。

まとめ

今回は単身赴任における子育ての不安な時の解決法についてまとめて行きました。

一人で子育てを行うため、不安になることも多いかと思いますが頑張りすぎずに休んだり、単身している家族と連絡をこまめに取ることで不安も解消され、解決できることも多くなります。

そして帰って来た時はたくさん家族との時間を作ってもらい、普段会えない分子供との時間に当ててもらうのがおすすめです。単身赴任の子育てで不安なことがあっても家族みんなで支え合い、一人で子育てをするのではなく助け合って行きましょう。

単身赴任の子育てに不安を感じている人はこれを読んで解決法の参考にしてみてください。

 

 

マナビバに少しでも興味がある方はコチラ!/

函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

札幌で最高の学習環境を手に入れる →

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

■ 発寒校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校(琴似)

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23

■ 宮の沢校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒063-0828 札幌市西区発寒8条10丁目3-20

■ 南郷18丁目駅前校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒003-0023 札幌市白石区南郷18丁目北7−17