個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/

単身赴任は大変?辛いと感じるポイントと対処法をマナビバが解説!

皆さんの中に家族が単身赴任で離れた生活を経験したことのある方も多くいるはずです。主に父親が一人で遠方で仕事をしていくことになるケースが一般的です。

また、単身赴任は一人で遠方で父親が頑張るため大変なことも多く、また、家族も一人で頑張る父親をサポートし、母親も子供を育てつつ、時には父親替わりをしなければならないため負担も大きく辛いと感じることも非常に多くあります。

そこで今回は単身赴任は大変なのか、そして単身赴任の辛いポイントとその対処法について解説して行きます。

単身赴任は大変?

単身赴任は非常に大変なことが多いと言えます。理由として大きくこの3つがあります。

  • 家族との時間がなく、一人の時間が多くなること
  • そして慣れない環境での仕事に伴いストレスを抱えてしまうこと
  • 悩んだ時に気軽に相談できる家族がそばにいないこと

この3つのように、今まで家族といたにも関わらず単身赴任で一人で過ごすことは非常に辛くストレスを感じます。今まで一緒に家族といたにも関わらず、一人になるため孤独を感じ、更に一緒にいた家族のことが心配にもなり不安にもなります。

その一方でストレス、寂しさとうまく付き合いながら、母親、子供のためにも仕事をより一層頑張ろうという気持ちになる父親も多くいます。

大変なことが多く一人で過ごすことはストレスになりますが、家族のために頑張る原動力にもなります。

単身赴任で辛いポイントは?

単身赴任でつらく感じるポイントは大きくこの5つとなります。

  • 一人の生活で孤独感を感じる
  • 家族に会えず辛い
  • 家事を一人でやらなければならない
  • 慣れない環境での生活がストレスに感じる
  • 休日を一人で過ごす

大きくこの5つとなります。それぞれについて解説して行きます。

①一人の生活で孤独感を感じる

一人での生活に孤独を感じることがまず辛いポイントとなります。

家族と一緒に暮らしていた生活から一転、一人暮らしで家族と遠く離れて暮らすことから孤独感を感じることが多くなります。さらに、一人で自炊、そして慣れない土地での仕事と慣れない生活で孤独感だけでなく、ストレスも抱えることも数多いです。

また、風邪をひいたり体調を崩した時も看病をしてくれる人もおらず、より一人であることを実感することとなります。自分で体調を快復させなければならず、家族のありがたみを感じる場面となりますが同時に一人であることも感じる瞬間の一つとなります。

このように一人の生活に孤独を感じる点は辛いポイントの一つです。

②家族に会えず辛い

毎日家族と一緒にいた生活から一人での生活、さらに家族になかなか会えなくなることも辛いポイントです。

すぐに会いに行ける距離ではないことから単身赴任となるわけで、毎週帰ることも難しくなかなか家族に会うことができません。

大型連休、長期休暇などしか会うことができない人も多く、父親参観も遠方からいくことが難しいため、自分だけでなく、子供にも寂しい思いをさせてしまうこととなります。

家族に会えないことは単身赴任での辛いポイントの一つとなります。

③家事を一人でやらなければならない

今まで家族がしてくれていた自炊、家事を一人で行うときも辛いものです。

家族のありがたみ、奥さんのありがたみをより感じる瞬間となります。家に帰っても誰もおらず、ただいまと言ってもおかえりと言ってくれる人もいません。

そして、一人で自炊、洗濯、そして家事を行うこととなるため、食事であれば毎日の献立を考えたりすることとなります。今までは家族の誰かがしてくれていた、もしくは家族と共同でしていたことを自分一人でやらなければならない時に単身赴任であることを実感します。

一人である寂しさを感じると同時に家事をしてくれていた、手伝ってくれていた家族のありがたみを感じて寂しくつらくなるポイントの一つとなります。

④慣れない環境での生活がストレスに感じる

今までとは全く異なる環境での生活をストレスに感じることとなります。

職場環境も、住んでいるところも、そして気候も全て異なる環境となるため、新しい土地での生活をストレスに感じる人も非常に多くいます。

新たな土地になれることだけでも大変なのにも関わらず、新たな生活仕様にも慣れないといけないことからストレスがより更にかかることとなります。

そのため、家族に会いたい、家族のいるところへ帰りたいと思う人も多くおり、今までと異なる環境での生活をしなければならないことは辛いポイントの一つとなります。

⑤休日に一人で過ごす

休日を一人で過ごすことも辛いポイントの一つです。

今までは家族と過ごしていた休日も見ず知らずの土地で一人で過ごすこととなり、何をしていいかわからないという方も多くいます。

職場の仲間、赴任先で出会った仲間がいる人であればその方と過ごすという方法もありますが、特に内向的な方だと中々そううまく仲間ができるものではありません。

今まで家族といた休日が一人で暇を持て余す休日となることをストレス、辛いポイントと感じる一つです。

辛い時の対処法は?

単身赴任で辛いことも多いかもしれませんが、そのような時は以下の3つの方法で対処してみましょう。

  • 家族とビデオ通話で顔を合わせる
  • 趣味を見つけて楽しむ
  • 単身先の観光を満喫する

一つ一つ解説して行きます。

①家族とビデオ通話で顔を合わせる

辛い時の対処法として、定期的に家族とビデオ通話をして顔を合わせることで次の日からの仕事の原動力となります。

今はLINE、zoomといった無料ビデオ通話アプリも多くあり、無料通話で顔を見ることができるようになっています。家族の顔を見ることができるだけでなく、子供の成長を感じることもできます。

元気な顔、様子を見て安心することも大切ですし、子供の成長も感じ取ることができる貴重な時間となります。

定期的にビデオ通話で家族で顔を合わせて話すことは単身赴任が辛い時の対処法の一つとなります。

②趣味を見つけて楽しむ

新たな土地で趣味を見つけて楽しむことも対処法の一つとなります。

温泉が好きな方ならその地域の温泉巡り、スポーツが好きなら地元チームのスポーツ観戦、お城が好きなら城巡りなど様々な方法で現地ならではの楽しみ方をすることが可能です。

その様子を写真に撮って家族に見せることも家族との一つのコミュニケーションとなります。

趣味を見つけて楽しんでみることも対処法の一つです。

③単身先の観光を満喫する

単身赴任先の観光を満喫することも対処法の一つとなります。

地域の観光地、そして特産物を満喫することで一人の生活の寂しさも紛れますし、単身赴任先の特産品を家族にお土産で持参することで家族も喜んでくれます。

そして観光地を数多く回っておくことで家族が赴任先に遊びにきた時には観光名所を案内することも可能になります。観光をすることで現地の歴史、時代背景など多くのことを知ることができるため自分にとって得るものも少なからずあります。

単身赴任先の観光をぜひ満喫してみることも辛い時の対処法の一つとなります。

まとめ

今回は単身赴任は大変なのか。そして辛いポイントとその対処法についてまとめて行きました。

慣れない土地で頑張ることは大変であり、そして家族にも会えず、今まで誰かといたのが全て一人となることから単身で一人でいることを実感することも数多くあります。

その一方で、画面越しでも顔を見て話すことは可能ですし、現地を満喫したり、一人で趣味を楽しむことができたりと単身赴任ならではの楽しみ方もたくさんあります。

単身赴任をしている方はぜひ、辛くなった時にこれを読んで参考にしてみてくださいね。

函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

札幌で最高の学習環境を手に入れる →

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

■ 発寒校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校(琴似)

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23

■ 宮の沢校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒063-0828 札幌市西区発寒8条10丁目3-20

■ 南郷18丁目駅前校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒003-0023 札幌市白石区南郷18丁目北7−17