個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/
 / 最終更新日:

ママ友って必要?ママ友がいるメリットから必要性を解説!

お母さん同士の付き合いであるママ友。

とある調査では6割のママたちはママ友が必要であると答えています。

ママ友が必要な理由、そしてママ友の必要性についてどの部分で必要なのかと思っている人も数多くいます。

そこで今回はママ友がいることでのメリット、そしてママ友の作り方について解説していきます。

ママ友って必要?ママ友の必要性とは

ママ友は必要なのかと考える人も多くいますが、ママ友は必要であると言えます。

そしてママ友が必要になるタイミングとしては以下の3つの理由からママ友は必要であると言えます。

必要な理由は大きくこの3つです。

  • 精神的な支えとなってくれる
  • 何かあった時に助けてくれる
  • 情報を共有してくれる

精神的な支えとなってくれる

精神的な支えとなってくれるのがママ友の必要性の一つ目です。

同じような境遇、状況を共感し合える仲間がいることはとても心強く、時に支えとなってくれる存在となります。

ママ友がいない場合は、一人で孤独に頑張らなければならず、どれだけ頑張っても理解してくれたり、共感してくれる人もいないことは精神的に非常に辛いものです。

辛さから子供や家族に八つ当たりしてしまっては良い状況ではありません。

ママ友がいることで精神的に孤独を味わうこともなく、同じような立場でわかりあうことができる存在、支えにもなってくれます。

このように精神的な支えになってくれることはママ友の必要性の1つ目になります。

何かあった時に助けてくれる

何かあった時に助けてくれる人がいることもママ友の必要性の2つ目です。

近くに家族や親族がいるわけではない人は何かあった時には助けてくれる人がおりません。

その一方でママ友がいれば、何かあっても助けてくれる人がいることからこのような時にママ友の必要性を感じることとなります。

時に支え合いながら、お迎えに行くことができないといった、何かあった時には助けてくれるママ友がいると心強いものです。

何かあった時に助けてくれるママ友がいると心強いことも必要性の2つ目となります。

情報を共有してくれる

ママ友の多くの情報は非常にプラスになるものが多くあり、必要性を感じる3つ目となります。

例えば学校や保育園などであれば上の子を育てるママであれば、全てが初めてであり不安やわからないこともたくさんあります。

今の時代であればインターネットで多くの情報を調べることもでき、ある程度のことは知ることも可能ですが、第二子、第三子を育てているママ友は経験からくる情報や経験を元にした意見を持っているため、調べた情報よりも説得力のある内容を持っており貴重な情報源となります。

このように様々な情報を持っているママ友であれば、多くの有益な情報を伝えてくれる頼れる存在となります。

多くの情報を持っているママ友の情報共有はママ友の必要性を感じることとなる3つ目の理由となります。

ママ友がいることでのメリット

ママ友がいる必要性は先ほどの3つからご紹介していきました。

必要性と同時にママ友がいるメリットとして大きく5つのメリットがあります。

  • 育児の相談に乗ってくれる
  • ピンチの時に子供を預かってくれる
  • 孤独感を感じない
  • 同じ立場でねぎらい合える
  • 情報をシェアできる

以上のメリットについてそれぞれ解説していきます。

育児の相談に乗ってくれる

育児の相談にママ友が乗ってくれることはメリットの一つ目です。

夫婦で行うのが理想ですが、お父さんが不在にすることが多く、相談したくても中々しにくい環境であることも多くあります。

このように時にママ友がいることで、育児の相談だけでなく共感してもらうことも可能です。

話した内容の共感や、共有し合うことができることはママ友がいるメリットとなります。

育児の相談、あるあるを話し合えることはママ友がいるメリットの一つ目です。

ピンチの時に子供を預かってくれる

何かあったピンチの時に子供を預かってくれるのはママ友がいるメリットです。

急な仕事が入ったり、体調を崩したりとなった時に助けてくれる人がいるのは大きな支えとなります。

大変な時に助けてくれる存在がいる頃は自分にとってメリットと言えます。

ピンチの時に預かってくれる人がいることもメリットです。

孤独感を感じない

孤独感を感じることがなくなるとママ友がいるメリットの一つです。

子供が小さいときは手がかかることもあり、なかなかお出かけをすることができないのは孤独感を感じる理由の一つとなります。

日中はお父さんが仕事に行くことで一人で育児をする時間が長く、孤独感を感じることも増えてきます。

黙々と家事をすることで感じる孤独感を、ママ友がいること、話し相手や気にかけてくれる人がいることで孤独感を感じることはなくなります。

このように孤独感を感じることが少なくなるのもママ友のメリットの一つです。

同じ立場でねぎらい合える

ママ友がいることで同じ立場で労うこともできるのがメリットです。

日々家事や育児を体が重たい時でも取り組まなければならず、大変ではあります。

家族なども労ってくれることもたくさんありますが、ママ友同士であれば同じ立場同士で労ってくれるため、今の大変さなどを共有することもできます。

このように同じ立場で労い合うことができるのはママ友のメリットです。

情報をシェアできる

情報をシェアして共有しあえることもママ友のメリットとなります。

同じ地域で近所で共に生活しているからこそ分かり合える情報など、そこでしかわからないことを共有することもできます。

同じ幼稚園、同じ学校であるが故の悩みや、宿題、学校の先生のことなど共有できる情報が数多くあります。

そのような情報を気軽に聞くことができたり、情報提供をしてくれるママ友がいることは自分自身にとっても大切な存在です。

このように情報を共有しあえるママ友がいることもママ友のメリットと言えます。

気の合うママ友の作り方

ママ友がいる必要性、そしてメリットとそれぞれ記載していきましたが、気の合うママ友が一人でも多い方が間違いなく良いです。

作り方がわからない人はこの3つの方法を試してみてください。

  • 幼稚園で付き合いを増やす
  • 子育てセンターに行ってみる
  • PTAに参加してみる

以上のこの3つの方法についてそれぞれ説明していきます。

幼稚園で付き合いを増やす

幼稚園、保育園に通う子供のママ友と仲良くなるのが一つ目の方法です。

送り迎えや行事で定期的に通うことでママ同士で顔を合わせることが増えるため仲良くなりやすくなります。

お遊戯会や保護者会などの機会を利用してママ同士の交流を深めることで仲良くなる機会もたくさん出てきます。

子供が仲良くなった子のママであればさらに仲良くなりやすくなります。

幼稚園、保育園に通っているママ友と仲良くなることは一つ目の方法です。

子育て支援センターに行ってみる

子育て支援センターに行ってみることで気の合うママ友を作ることもできます。

イベント、行事に参加することで同じような悩み、苦労を抱えているママ友と交流を深めることができる機会も増えるので一つの方法としてオススメです。

町の自治体のホームページを調べると近隣施設について調べることができます。

ママ友を作ることもでき、保育士さんに育児相談を行うことも可能となります。

子育て支援センターに行くことで気の合うママ友、保育士さんの相談も可能となることからおすすめと言えます。

PTAの活動に参加してみる

PTAの活動に参加することで役員会や懇談会で距離を縮めていき仲良くなることも可能です。

自分から話すことが苦手な方でも隣の席に座った人と話したり、仲良くなっていくこともできるため気の合うママ友を見つける一つの方法となります。

PTA活動に参加していくとママ友のママ友と横の繋がりが増えることもあります。

気の合うママ友を見つける方法の一つとしてPTA活動で仲良くなる方法も一つです。

上手なママ友付き合いについての内容も読みたいときはこちら!

ママ友との上手な付き合い方、コツや注意点を解説しています!

まとめ

今回はママ友の必要性とメリット、そしてママ友の作り方について解説していきました。

ママさんの中の6割がママ友は必要であると感じており、多くの人が必要であると言っています。

お母さん同士でしかわからない悩み、大変さを共有しあえることがママ友の必要性であり、共有できるという利点があります。

気の合う人と様々な情報交換を行い、いろんなことを共有できる仲は貴重であると言えます。

ぜひこれをみて参考にしてみてくださいね。

函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

札幌で最高の学習環境を手に入れる →

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

■ 発寒校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校(琴似)

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23

■ 宮の沢校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒063-0828 札幌市西区発寒8条10丁目3-20

■ 南郷18丁目駅前校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒003-0023 札幌市白石区南郷18丁目北7−17