個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/

令和にあの受験ドラマ「ドラゴン桜」が帰ってくる!受験生は必見!?

2005年7月に放送されたテレビドラマ「ドラゴン桜」をご存知でしょうか?

大学受験をテーマに描かれたこの作品は、最終回には視聴率20%を超えるほどの人気で、受験に関係ない人でも楽しめる内容です。

そんな「ドラゴン桜」の10年後を描いた続編漫画「ドラゴン桜2」を原作とする「ドラゴン桜2」が、TBSテレビの局制作により日曜劇場枠で2021年4月期に放送予定しています。

ドラゴン桜とは?

今回続編となる元のドラマ「ドラゴン桜」は、は2003年から2007年まで講談社のモーニングで掲載された受験漫画を原作としたドラマです。

内容としては、阿部寛さん演じる桜木建二が、元暴走族の弁護士。破産寸前の落ちこぼれの学校を立て直すため、龍山高校の経営方針を転換し、目標は5年後に東大合格者を100名を出す、まずは来年1名の合格者を出すことを宣言します。

そして驚きの勉強方法で東大合格を目指していくというストーリーが展開されるのですが、その勉強方法がためになるということで話題になりました。

今年4月放送予定の『ドラゴン桜2』

ドラマ『ドラゴン桜2』は、講談社「モーニング」にて2018年から連載中の三田紀房による漫画『ドラゴン桜2』が原作です。

前作ドラマの原作漫画『ドラゴン桜』(2003〜07年連載)の15年後を描く続編ですが、本作では今の時代の日曜劇場でやるべきエッセンスを入れたドラマオリジナルの展開が予定されているとのことです。

前作のドラマから16年を経て、2021年の大学受験は、これまでの知識詰め込み型の“記憶力試験”から“実践的な学力を測る試験”へと移行しているので、そんな時代に合わせて進化した東大合格&受験必勝メソッドも伝えるとされています。

受験制度の変化の影響で作られた

今回、平成から令和へと時代が移り変わり、大学受験を取り巻く社会的背景も変化の時を迎える中で続編が放送されることになったこの作品。

2019年度をもって「センター試験」が廃止、2020年度には新たに「大学入学共通テスト」が行われました。

このテストが注目されている点は今までの知識量の多さを問う問題より、知識の使い方や思考力・表現力を問う問題が多くなると言われていることで、”考える力”がより必要とされる社会へ変化してきたことがその要因と言われています。

受験一年目の現役生にも不利にならない、誰しもが平等に勝負できるようにとこの受験制度改革に合わせて、今回の続編制作が決定したそうです。

気になる出演者は?

今作でも主演を務める阿部寛さんは、元暴走族の弁護士・桜木を演じます。前作では生徒役として山下智久さん、長澤まさみさん、小池徹平さん、新垣結衣さんなど現在も第一線で活躍する俳優陣が出演していました。

果たして今作から新たな名俳優が誕生するのでしょうか。

また、つい先日新作にも長澤まさみさんの出演が発表され、長澤は桜木がかつて受け持った東大クラスの教え子だった水野直美役を前作から続投します。

以下本人のコメントを引用します。

私にとって『ドラゴン桜』は青春が詰まった作品です。本当に長く愛されている作品で「好きだった!」と今でも言われることが多く、前作から16年も経っていたという実感が私自身あまりありませんでした。
きっとテレビの前の皆様もこの作品が戻ってくることを、楽しみにしていてくれたんじゃないかなと思います。私も撮影をすごく楽しみにしています。
私が演じる水野は前回と立場が変わっているので、改めて身を引き締めて頑張ります。ぜひ楽しみにしていてください!

大学受験生の息抜きや大学受験を考えている人におすすめ!

受験生にとってドラマを見ている時間なんてないと思う人もいるかもしれませんが、勉強の息抜きにもなりますし、受験の考え方の参考にもなる内容がきっとあるのでぜひチェックして欲しい作品です。

また、大学受験をしようと思いっている中学生や高校生の方、そして受験生を抱える親の方も受験についての理解が深まるものなので是非ご覧になって見てはいかがでしょうか。

函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

札幌で最高の学習環境を手に入れる →

■ 発寒校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

お問い合わせは365日24時間いつでも可能です。

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

■ 札幌西本部校(琴似)

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

お問い合わせは365日24時間いつでも可能です。

お電話が苦手な方はお気軽に

お問い合わせフォームからご連絡ください