個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/

中学生の進路どのように決めるの?進路希望調査票の書き方を解説

中学3年生になると、考えなければいけない卒業後の進路。中学校を卒業した後、3年間という長い時間を過ごしていく高校を決めるのは人生においても大きな選択となります。

また、入学する高校により将来の職種や、働き先の企業もしぼられてくるため、絶対に失敗したくないですよね。

ここでは、進路を決めるさいに、意識すべきポイントや進路選択にあたり記載する必要がある進路希望調査票の書き方について解説していきます。

進路希望調査票はどんなもの・目的は?

進路希望調査票の目的は生徒一人ひとり中学校卒業後の進路を学校へ伝えるためのものです。提出タイミングとしては、4月、6月、9月、12月の4回程度の中学校が多いとされていますが、入学した学校ごとに異なります。

1度だけではなく、複数回提出を求められるのは、生徒の進路が変化に備えるという意味だけではなく、入学願書の記入練習の意味合いもあります。

また、進路希望調査票の中には保護者欄が設けられているものもあります。保護者欄には、「金銭面から私立高への進学は難しい」、「自宅から距離が離れすぎていない場所がいい」など、保護者の要望を記載することで学校側との話し合いがスムーズになります。

高校卒業後の進路を踏まえた学科を選択する

志望校を選択するうえで、1番最初に決める必要があるのはどの学科を選択するかです。実は学科には数多くの種類があります。下記は文部科学省で開示している、平成30年5月時点の”高等学校学科別生徒数・学校数”です。

出典:https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/shinkou/genjyo/021201.htm

このように数多くの学科が存在しますが、学科を決める上でポイントとなるのは高校卒業後の進路というシンプルなものです。

将来やりたいことが明確に決まっていない場合

高校卒業後に大学へ進学を考えている、将来やりたいことが現時点で確定していないといった場合は、普通科を選択するのが好ましいでしょう。というのも、専門科を選択してしまうと、進学できる大学の数が減ってしまうからです。選択肢を減らさないという意味でも普通科をおすすめします。

高校卒業後は就職を希望する場合

高校卒業後、大学へ進学せずに就職しお金を稼ぐことを目指す場合は専門科を選択するのがいいでしょう。普通科高校へ入学してしまうと、高校卒業後の就職先を見つけるのにそれなりに苦労してしまいます。

工業化や商業科、その他職業に合わせた専門化を選択することにより、入社してから使える技術や知識に特化した教育を受けることが出来ます。加えて、就職に有利となる資格取得の機会も増えます。その結果、高校卒業後に就職先を見つけるのが容易になります。

夢を叶えるためには専門学校を目指すのもよし

既に、将来の夢がありそこを目指して勉強することを考えている場合は、普通科や専門科へ入学し高校卒業後に専門学校へ入学するという選択肢もあります。専門学校には大学と違い、2年間という短い期間で卒業可能な学校もあります。

そのため、大学へ行くよりも早く働くことができます。夢を叶えるためには、どの高校を選択するか迷ったさいには、既にその業界で活躍している人の経歴を調べることも効果的です。また、周りに同じ業界で働いている人がいるようなら直接聞いてみるのもいいでしょう。

入学したい高校の条件を決める

学科が決まったことで、選択肢は希望の学科がある高校にしぼられます。ここから、更に入学する高校の条件を決めることで入学を希望する高校を決めることができます。

ここでは条件について、代表的なものをピックアップしました。

・偏差値はどれくらいか

中学3年生では、中学校生活のうちの2年分の成績は既に確定している状況です。自身が希望する学校の偏差値が、自分の成績よりも高ければ高いほど、入学のために必要な努力量は大きくなります。そのため、強い希望がない場合は成績を考慮した学校を選択するのがいいでしょう。

・通学時間は何分以内を考えているか

高校への通学は1週間に5日あります。多い方だと、部活動で土日も通学するので毎日通学することになります。片道1時間だとしても、往復で2時間、1週間で10時間もの時間を通学に消費されます。長すぎる通学時間は、本人のストレスとなってしまう場合があるため、考慮が必要です。

・自分がやりたい部活はあるか

中学時代の部活動をそのまま続けたい、やってみたい部活動があるという場合は希望する部活動があるかどうかを調べることが大切です。加えて、部活動へどれくらい力を入れているか知ることも、入学後のギャップを埋めるためには効果的とされています。

ここであげた項目の他にも、希望する条件があればその条件を満たせる高校を進路希望に記載するのがいいでしょう。なお、進路希望調査票に記載する志望理由についてはここで、ご紹介しました条件や、学科を記載踏まえて記載することにより、埋めることができます。

まとめ

まとめ

高校の希望を記載する進路希望調査票をよく考えて記載することは、失敗することなく高校を選択することへとつながります。

中には、進路希望調査票へ記載する志望理由を親御さんが考え記載するご家庭もありますが、高校へ入学するのは子供ですので、自分自身で記載させることが大切です。希望する高校へ入学し、理想の高校生ライフを送れるといいですね。

函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

最高の学習環境を手に入れる →

■ 発寒南校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23