個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/

テストでケアレスミスをゼロにする3つの対策方法

解答欄のヅレや問題文の読み間違いなど、ちょっとした不注意が原因で起こるケアレスミス。問題はわかっていたのにミスをしてしまうと自分自身に腹が立ってくるうえ、悔しい思いをします。それがテストや入試など重要なシーンであればあるほど、悔しさも倍増しますよね。人によってはケアレスミスを起こした自分を責め続けて立ち直れなくなってしまう人もいます。

ケアレスミスを失くしたいけど、自分の不注意が原因だし「ただ気を付ける」しか方法は無いんじゃないの?と思いがちですが、しっかりとした対策方法はあります。

今回は、多くの人を惑わすケアレスミスをなくす方法をご紹介します。ケアレスミスが起こる原因から、3つの対策方法を解説します。

なぜケアレスミスをするのか?

テストでのケアレスミスを撲滅し、日頃の勉強の成果をテストで発揮しましょう。まずはその原因を見ていきましょう。

緊張による不安や焦り

定期テストや試験など自分の進路を決める重要なシーンでは、誰もが「この1点は落としたくない」と必死になります。しかし、時間の制限もあるため悠長に1問だけに時間をかけてはいられません。そんな中で応用問題など難しい問題があると尚更焦ってしまいますよね。

普段は気にならないはずの周りの人のペンや用紙を動かす音が気になってしまったり、そういったテストや試験に漂う不安や焦りに飲み込まれるとケアレスミスをしやすくなります。

集中力の散漫

学校や自室など、普段とは違う環境で試験に臨む場合もあります。慣れない環境では、勉強の成果を出し切るうんぬんより先に会場にたどりつけるか、電車は乗り間違えないか、と違った方向にも気を回す必要があるため余計に疲れてしまいます。

また、周囲に気を散らすようなものが近くにある場合も集中力を妨げる原因になります。集中力が下がると問題文をきちんと読まずに解き進めてしまったり、ケアレスミスにつながる行動を起こしてしまいます。

ケアレスミスとはおさらばできる3つの方法

①問題文を丁寧に読む

ケアレスミスで多いのが問題文の読み間違いです。ちゃんと問題を読んでいれば答えが導き出せたのに・・と後から思っても、どうしようもないですよね。

問題文を丁寧に読んで、答えに字数制限はあるのか、解答番号を記入するのか、答えとして求められていることを把握しましょう。問題文を読みながらポイントに線をひくと、ポイントを意識して解くことができるのでケアレスミスを軽減できます。

②解答後にはチェックをおこなう

すべての問題を解答した後のチェックも忘れてはいけません。「ケアレスミスは誰にでも起こるもの」と理解することがミスをなくす第一歩になります。とはいえ、すべての問題を解き終わってからチェック、となると問題数が多いとチェックも一苦労ですよね。大問ごとにチェックするのがおすすめです。

マーク式で解答する試験でも大問が終わるごとに解答欄にヅレがないか確認しましょう。また、文章で解答する試験はひとつを答えるのか当てはまるすべてを答えるのか、上記①で線を引いた箇所をみながら確認しましょう。

③時間制限のある試験に慣れておく

テストや試験には時間制限があるものがほとんどです。ぶっつけ本番でテストに臨むと時間配分はうまくいかずに、焦って結局最後まで解けなかったうえに、ミスもしまくり・・・といった結果になりかねません。

試験直前には時間制限をつけて勉強し、慣れておけば時間配分を決めてできるのでありがちな計算ミスの防止ができます。時間を余裕があれば、余った時間をチェックにつかえるのでよりケアレスミスを少なくできます。

ケアレスミスをしてしまったときは

・原因を突き止める

ミスをした原因を知るのは、次のミスを減らすために必要です。「不注意だったから次は意識すればいい」と思うだけでは、ケアレスミスを失くすことにはなりません。ミスした問題は本当にケアレスミスだけなのか、実力不足でわからない問題だったのか。しっかり見極めることが大切です。

・普段から失敗をして自分の弱点を知る

テストや試験でケアレスミスが少ない人は、練習問題や宿題など別なところで多くのケアレスミスを経験しています。失敗をするたびに見直し、どんなケアレスミスを起こしやすいのか、と弱点を把握できているからこそ大事なシーンで失敗しない準備をしています。

まとめ

今回、ご紹介したケアレスミスの対策法は以下の3つです。

  • ①問題文を丁寧に読む
  • ②解答後にはチェックをおこなう
  • ③時間制限のある試験に慣れておく

ミスは誰にでも起こる、そうはわかっていても重要な試験やテストでケアレスミスをしてしまってはそんな言葉で済まされないこともあります。事前に自分の間違えやすいポイントを把握しけば、ケアレスミスを防ぐことにつながります。

できる対策をしっかり行い、自分の力を最大限に発揮してテストに臨みましょう!

函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

 最高の学習環境を手に入れる →

■ 発寒南校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23