個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/
 / 最終更新日:

中学受験で全落ちしないための心得とは?全落ちする人の特徴と対処法を紹介!

現在、一昔前より中学受験をするという家庭が増えてきています。家庭にもよりますが、一般的に第3志望ほどの学校を受験し、受かったところに行くというのが一般的です。

そして、中学受験で最も避けてなければならないのが「全落ち」です。全落ちというのは受験した学校に全て不合格だったということです。

そこで当記事では、全落ちという結果に陥ってしまわないために、どうするべきか、どんな対処ができるのかを紹介します。

中学受験に全て落ちてしまう人の特徴

中学受験に全て落ちてしまう人の特徴

中学受験をする際、どの学校を受験するかの目安として最も重要視されるのが偏差値です。それ以外にも、アクセスや校風、進学実績も見る必要がありますが、受かるかどうかにおいて偏差値が基準になります。

そして中学受験に全て落ちてしまう人というのは、共通点があります。この共通点に当てはまっていたら、注意です。

1.自分のレベルに合っていない学校を受験する

全落ちしてしまうということは自分の学力レベルにあった学校を受験していなかったということになります。

つまり、偏差値を無視して「行きたい学校しか受験しない」、「この学校には行きたくない」など偏差値に合った中学校を受験していない、いわばチャレンジ受験をしている人は全落ちしてしまう可能性がとても高いです。

2.受験する学校が1つまたは少数

偏差値を基準にして、明らかに合格圏内だと思い1校だけした受験しない人も全落ちしやすい人の特徴の一つです。

どんなに成績が良くて、受かるだろうと思っていても、本番では何が起こるのかがわからないのが受験です。

体調不良や回答欄を一つずらしたなどのミスなどのハプニングが起きた場合、1校だけしか出願していないと不合格の際に手遅れになってしまいます。

中学受験で全落ちしないための対処法

今度は、中学受験に全落ちしないためにできること、対処法を解説します。

中学受験ではほとんどの家庭が、進学塾に通わせて受験をしますが、基本的に塾のアドバイスに従っていれば全落ちのリスクは低くなります。

塾のアドバイスで何度も言われているかもしれませんが、全落ちを避けたいので会レバ以下の対処法は必ず実践しておきましょう。

志望校を高望みしすぎない

家庭の方針や子供の希望などによって志望校を決めるかと思いますが、やはりその際にも偏差値を元に合格できる可能性が高い学校を選ぶことが大事です。

全落ちしてしまうのは、受験生が合格レベルに達していない場合が多いです。塾に通っていて模試などを受けると、偏差値、合格判定、倍率など、志望校を決める指標や合格できる可能性がわかります。

この数値を元にして、できるだけ合格する可能性が高く、家庭の方針ともマッチしている学校を志望校にするのがベストです。

合格できる可能性が低い学校ばかりを志望校にしてしまうのはやめるべきですが、、第一志望校はちょっとチャレンジだけどやっぱり受験しておきたいなど、合格の可能性は低くても受験することは構いません。

ただし、受験の日程頭に入れる必要があり、初日に精神的にやられてしまう合格する可能性が高い学校の試験にも悪影響がでてしまう可能性も考慮しましょう。

併願校(滑り止め)を必ず用意する

合格する可能性が高い学校(1ランク下の合格可能性が高い学校)は必ず受験をしておきましょう。

偏差値レベルの高い学校から低めの学校まで、幅をもたせて受験プランを立てることが大事です。もし仮に受験生の偏差値が60だとしたら、滑り止めを50、54、56と複数用意しておくとより安心です。

偏差値や合格判定を基準に「大丈夫だろう」と思っても、何が起きるかわからないのが中学受験ですから、万が一に備えて志望校を決めるのが大事です。

当日に出願できる学校を見つける

中学受験は3日、4日あたりで終わります。その後は合格発表が徐々にされて行きます。まだ合格していない場合は併願の学校を5日、6日に受験する生徒もいます。

すでに出願した学校に全落ちしてしまった場合でも、まだ当日出願を受付している中学校も探せばありますので、全落ちだけは回避したいのであれば諦めずに学校を探しましょう。

中学受験に全て不合格だったらどうなる?

中学受験に全て不合格だったらどうなる?

考えたくないことかと思いますが、もし中学受験に全落ちしてしまったらどうなるのでしょうか。

対処法を実践して、全落ちするリスクを極力減らしたとしても全落ちしてしまうこともありえます。受験前にイメージして、頭に入れておくと良いかもしれません。

どこの中学校に進学するのか

全落ちしてしまった場合、まだ試験日直前や前日に出願できる学校が見つかれば、そちらを探して受験することも可能です。

しかし、急に見つけた学校では方針や校風が子供に合っているのかもわかりませんし、偏差値のレベルを落とした学校に進学することになります。

それでも落ちた場合や、志望校に落ちたら公立に通うと決めていた場合は、公立中学校に通うという選択肢しかありません。

このように、全落ちしてしまった場合に急に焦るといったことをなくすためにお最悪の事態を想定した相談を親子で一度しておくと良いでしょう。

中学受験の失敗は立ち直れない?

中学受験は親子二人三脚で行っている家庭が多いと思います、そのため、自分の子供が中学受験に失敗してしまうと親子ともに心が傷ついてしまいます。

中学受験をさせたのは子供の将来のためを思ってのことだと思います。たとえ、理想の学校とは違ったとしても、将来が決まったわけではありません。

親はこの失敗を通して子供が精神的に大人になると信じることが大事です。実際、中学に進学する2ヶ月の間ですっかり元気になるケースも多いため、親が過度に心配、引きずってしまう方が子供に悪影響です。

全落ちはショックかもしれませんが、何も得なかったわけではなく、志望校に向かって勉強に努めたという事実が今後の人生に良い影響を与えてくれます。

まとめ

まとめ

中学受験で全落ちしないために、自分のレベルに合った学校、合格する可能性が非常に高い併願校を受験するということが大事です。

何校も受けるのは家計にも響きますが、1校だけを受験するというリスキーなことは避けましょう。

また、全落ちしても親は引きずらずに子供の成長を見守ることが大事です。

函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

最高の学習環境を手に入れる →

■ 発寒南校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23