個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/
 / 最終更新日:

【札幌版】通信制高校とは? 魅力と特徴をマナビバが解説!

今回は、通信制高校について、その魅力と特徴を解説いたします。

通信制高校とは?全日制とどう違うの?

  • 自宅学習が基本 
  • 必要に応じてスクーリング(通学)がある 
  • 単位制である

では、順に見ていきます。

①「自宅学習が基本」について

通信制高校は、主に通信教育で学習する高校で、全日制高校などと並んで高校の中のひとつです。毎日通学する全日制高校や定時制高校と違い、必要に応じて通学する自宅学習が基本となります。

②「必要に応じてスクーリング(通学)がある」

通信制高校には、週に1回だけ通う、3回だけ通う、夏休みに集中して数日間通う、など通学して授業に参加する規則の学校が多数あります。その他に、何らかの事情で通えない人へ通学を免除してくれる学校もあります。この通学をスクーリングといいます。

③「単位制である」について

全日制や定時制の高校が「学年制」であるのに対し、通信制高校は「単位制」です。学年制とは、1年生から2年生へ、のように1年ごとに進級し、3年生を修了すると卒業できる仕組みです。これとは違い。単位制は学習内容を理解すると得られる「単位」を必要な分だけ修得すると卒業できる仕組みになっています。

学年制では、一定の成績や出席数に達していない生徒は進級できず留年となりますが、単位制では修得できなかった単位だけを再修得すればいい仕組みで、留年にはなりません。

全日制との共通点は?

  • 卒業には3年以上かかる 
  • 全日制と同じ高卒になる

この2つが挙げられます。

では、順に見ていきましょう!

①「卒業には3年以上かかる」について

通信制高校には、全日制高校や定時制高校との共通点もあります。単位制だからといって2年以内で卒業はできず、3年以上の在籍を条件として卒業ができるようになっているのが共通点です。

別の高校から転入・編入してきた生徒の場合は、以前に通っていた高校の在籍期間が含まれます。

②「全日制と同じ高卒になる」について

全日制や定時制の高校との大きな違いに、「毎日通学する必要がない」「学年制ではなく単位制」「留年がない」という点が挙げられますが、それ以外ではあまり大きな違いはありません。

卒業すると、全日制や定時制の高校を卒業するのと同じ「高校卒業」になります。

最近では、学習できるコースなども多様化し、通信制高校に通う人も増えてきています。これからの時代は、通信制高校も決して珍しい形態ではありません。

通信制高校のメリットは?

  • 自分のペースで勉強できる 
  • 学校以外の取り組みたいことに注力できる 
  • 通学や集団生活が難しい人でも卒業できる
  • 学費が低額

では、順に見ていきます。

①「自分のペースで勉強できる」について

通信制高校は、「あの科目は得意だから単位を先に取ってしまおう」「この科目は苦手だから中学の復習をしながら進めよう」など、自分のペースで学習を進められます。それだけに、計画をしっかり立てて進めれば卒業できます。

②「学校以外の取り組みたいことに注力できる」について

通信制高校には、パソコンのプログラムなど自分が集中したい勉強に専念したい人、専門的にスポーツに取り組んで活躍したい人など、一般の高校では体験できないことに取り組んでいる人が多く通っています。中には芸能の仕事や家業の手伝いなどと並行して通信制高校の単位を取得していく人もいます。

③「通学や集団生活が難しい人でも卒業できる」について

体調不良で欠席しがちな人、集団生活が苦手な人、起立性調節障害で朝に起きられない人、全日制高校を中退した人、不登校で学校に通えない人、など様々な事情を抱えた人が通っています。

このように通信制高校は、様々な事情の人を受け入れ、個々の目的に応える体制を作っています。生徒本人が勉強をしたい、高校を卒業したい、という意志があれば誰でも入学することができます。

④「学費が低額」について

学費が通学主体の学校より低額であることも魅力のひとつです。これにより、自力で働きながら高校を卒業したいという人も高校卒業の機会を得ることが可能です。

通信制高校のデメリットは?

  • 自分で進めないと卒業できない 
  • 交流する人数が少ない 
  • 大学受験に対応しにくい

では、順に見ていきます。

①「自分で進めないと卒業できない」について

自分のペースで進められる通信制高校は、あまりにも遅いペースだったり全く勉強しない癖がついたり、とかく勉強が遅れがちになります。中には5年かかっても卒業できない人もいます。そのため、勉強の支援をしてくれるサポート校が存在します。

②「交流する人数が少ない」について

通信制高校の多くは部活があまり盛んではありません。また、学校によってはスクーリングも全員が同時に出席せずバラバラに通うなど、同年代の人や先生との交流の場が限られています。その点で、友達や相談相手を得にくいかも知れません。

③「大学受験に対応しにくい」について

通信制高校の勉強は通学主体の全日制の高校と比べると、学習レベルが易しめです。そのため単位取得はできたとしても、大学合格のレベルに対応した受験勉強となると、そう簡単にはいかなくなります。本気で大学まで進もうと思う人は、それなりの勉強量が必要です。

サポート校と通信制高校の違いは?

通信制高校の他に、「サポート校」と呼ばれる学習機関があります。このサポート校は、学校教育法で「高校」と定められていません。そのためサポート校に通っているだけでは、高校卒業の資格は取得できません。

したがって、通信制高校のサポートをするための存在という認識で理解しておくのが適切です。サポート校に入学する場合は、大抵は同時に通信制高校にも入学し、高校卒業を目指すのが一般的です。自分で勉強を進める通信制高校では勉強がなかなか進まない人もいます。また進路の情報を詳しく相談したい人もサポート校を利用しています。

高卒認定資格とどう違うの?

まず、高卒資格は「高等学校卒業資格」のことで、高校を卒業したという事実を示す資格を指します。全日制の高校も通信制の高校も、卒業すればどちらも「高校卒業」になります。

一方の高卒認定は「高等学校卒業程度認定試験」のことで、高校を卒業していない人に対して「高校卒業と同等程度の学力を認定する」ものです。つまり、高卒認定は高校を卒業していない人とういうことになります。しかし、この高卒認定で大学受験が可能になります。

大学受験は「高等学校又は中等教育学校を卒業した者」と「高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に合格した者」との両方に受験資格があります。ただし、進学しない場合は、高卒資格を持っている人は「高校卒業」が最終学歴になるのに対し、高卒認定を受けているだけの場合の人は「中学校卒業」が最終学歴になります。

気になる学費は?

それでは、公立と私立の通信制高校の学費について見ていきます。

①公立の通信制高校の場合

 1単位あたりの学費が決まっていて、基本的には自分で単位を取得するための学習計画を立てて卒業を目指します。おおむね年間4万円〜6万円程度の学校が多いようです。

 また、市町村の自治体とは別に、国の運営する放送局が基盤のNHK学園などは、保護者の世帯収入によって学費が段階的に分かれており、支払額の差が世帯によって30万円くらい違います。そのような点も踏まえてホームページなどで確認が必要です。

②私立の通信制高校の場合


1単位ごとの学費に加えて、それぞれの通信制高校独自のサポート費用がかかる場合が多くあります。
自分1人のみで卒業を目指すのは難しいという背景から、サポートの種類も多様で、スクーリングが少ない代わりにサポート授業が週1、週3、週5など数種類のコースを用意する学校もあります。

 その他にもネットコース、資格取得コースなど卒業や進路実現に向けたサポートを受けられる高校が増えています。私立は独自のサポートを幾つも用意するため、年間25万円程度〜60万円程度の学校が多いようです。

 コース選択によってかなり違うため、同じ学校内でも必ず確認してください。

全日制高校のようにどの学校でも学費がある程度同じくらいというわけではなく、通信制高校の場合は学校によりかなり異なります。予算やサポートしてもらいたい内容に適した学校選びが必要になるため、入学前にしっかりホームページなどで調べて確認した上で進路を決めることをオススメします。

札幌近辺の通信制高校はどれくらいあるの?

通信制高校は多数あります。札幌と札幌近辺で26校以上あります。

では、通信制の高校を区域ごとに紹介します。

なお、年学費はコースや年度により違います。必ずホームページなどで確かめてください。

また、スクーリングは特別な事情を除き、原則的に「スクーリングはある」と思って間違いありません。

<札幌市中央区>

高校名住所年学費スクーリングの有無連絡先
精華学園高等学校 札幌校〒060-0808
北海道札幌市中央区南三条西3丁目12-3 N・メッセビル6F
約48万円〜011-212-1824
北海道芸術高等学校
札幌サテライトキャンパス
〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西19丁目1-27
約77万円〜011-622-5010
飛鳥未来高等学校 
札幌キャンパス
〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西17丁目1-15
約33万円〜011-640-8755
飛鳥未来きずな高等学校 
札幌キャンパス
〒060-0061
北海道札幌市中央区南1条西8丁目11-2-8階
約25万円〜011-221-5631
札幌ミュージック&ダンス・
放送専門学校 高等課程
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西8丁目2番地75
要資料請求0120-27-6200
クラーク記念国際高等学校
札幌大通キャンパス
〒060-0041
北海道札幌市中央区大通東8丁目1-61
約27万円〜011-233-5515
NHK学園高等学校
(まなびや札幌)
〒060-0032
北海道札幌市中央区北2条東1丁目5-2 イーホライズン北2条3階3C号室
約8万円〜011-211-6745
ヒューマンキャンパス高等学校 大通り学習センター〒060-0003
北海道札幌市中央区北三条西2丁目1 NC北専北三条ビル5階
約41万円〜011-215-0162
ヒューマンキャンパス高等学校札幌駅前学習センター〒060-0003
北海道札幌市中央区北三条西2丁目1 NC北専北三条ビル5階
約31万円〜0120-06-8603
N高等学校〒060-0061
北海道札幌市中央区南1条西1-9 パークタワービル2階
約8万円〜0120-0252-15
山手中央高等学院
札幌大通キャンパス
〒060-0061
北海道札幌市中央区南1条西2丁目 南1条Kビル4F
要資料請求0120-509-001
鹿島朝日高等学校/鹿島山北高等学校(エコール札幌)〒060-0031
北海道札幌市中央区北一条東1-4-1 サン経成ビル5F
約11万円〜011-206-4543

<札幌市北区>

高校名住所年学費スクーリングの有無連絡先
第一学院高等校
札幌キャンパス
〒060-0807
北海道札幌市北区北7条西4丁目4-1 第五北海道通信ビル5階
約43万円〜011-756-8588
トライ式高等院
札幌キャンパス
〒060-0809
北海道札幌市北区北9条西4-10-3 エスターNガレリアビル2F
約38万円〜0120-919-439
北海道有朋
高等学校
〒002-0859
北海道札幌市北区屯田9条7丁目5
約4万円〜011-773-8200

<札幌市豊平区>

高校名住所年学費スクーリングの有無連絡先
池上学院高等学校
(札幌本校)
〒062-0903
北海道札幌市豊平区豊平3条5丁目1-38
約28万円〜011-811-5297
池上学院高等学校
(学園前キャンパス)
〒062-0906
北海道札幌市豊平区豊平6条6丁目5-5
約28万円〜011-811-5267
鹿島朝日高等学校
山手中央高等学院 札幌校
月寒キャンパス
〒062-0020
北海道札幌市豊平区月寒中央通7-6-20 JA月寒中央ビル2階
約9万円〜011-272-2060
青森山田高等学校 広域通信制課程 札幌校〒062-0911
北海道札幌市豊平区旭町4丁目1-40 北海学園大学研究棟ビル地下1階
約20万円〜011-825-4509

<札幌市東区>

高校名住所 年学費スクーリングの有無連絡先
札幌自由が丘学園三和高等学校
札幌学習センター
(学園本部)
〒060-0908
北海道札幌市東区北8条東1丁目3-10
約27万円〜011-743-1267

<札幌市白石区>

高校名住所年学費スクーリングの有無連絡先
クラーク記念国際
高等学校
札幌白石キャンパス
〒003-0029
北海道札幌市白石区平和通2丁目北11-18
約27万円〜011-867-6216

<札幌市厚別区>

高校名住所年学費スクーリングの有無連絡先
星槎国際高等
学校(本部)
〒004-0014
北海道札幌市厚別区もみじ台北5丁目12-1
約52万円〜011-899-3830

<江別市>

高校名住所年学費スクーリングの有無連絡先
酪農学園大学附属
とわの森三愛高等学校
〒069-8533
北海道江別市文京台緑町569番地
約53万円〜011-386-3111

<北広島市>

高校名住所年学費スクーリングの有無連絡先
星槎国際高等学校
北広島キャンパス
(星槎道都大学内)
〒061-1196
北海道北広島市中の沢149番地
約30万円〜011-372-8207

<千歳市>

高校名住所年学費スクーリングの有無連絡先
日本航空高校通信制課程
千歳サテライト校
〒066-0051
北海道千歳市泉沢1007−95
約37万円〜0123−28−1155

<小樽市>

高校名住所年学費スクーリングの有無連絡先
小樽双葉高等学校
通信制課程
〒047-0014 
小樽市住ノ江1丁目3-17
約24万円〜0134-31-3100

まとめ

通信制高校は、全日制の高校、定時制の高校に続く第三の選択肢として入学することが珍しくない時代に入っています。

ただし、安易に決めずに家族や先生と相談し、全日制、定時制、通信制のそれぞれの特徴をよく考え、進学先を選ぶことが大切です。

内申点について詳しく知りたい方はコチラ!

内申点とは?内申点を上げる具体的な方法を伝授します!

函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

札幌で最高の学習環境を手に入れる →

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

■ 発寒校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校(琴似)

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23

■ 宮の沢校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒063-0828 札幌市西区発寒8条10丁目3-20

■ 南郷18丁目駅前校

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

住所:〒003-0023 札幌市白石区南郷18丁目北7−17