個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/

【北海道の新中1必見】最初の最初の中間テストが肝心!?対策方法とは?

小学校までは、特に家で勉強をしなくてもテストの点数が取れたり、そもそも点数を意識していないという家庭や生徒がほとんどかもしれません。しかし、中学校ではそうはいきません。

中学校に入学するとすぐに“5月~6月”にかけて最初の中間テストが実施されます。

初めて受けるテストで失敗しないように、この記事では北海道の中学1年生、または保護者の方に知って欲しい中間テストについての情報を紹介していきます。

北海道の中学校のテスト期間とは?

北海道の中学1年生(第一学年)で実施されるテストは「中間テスト」「期末テスト」「学年末テスト」など呼び名が学校によって異なる場合があります。この記事では中間テストと表記しますが、同一です。

それでは中間テストの時期を確認してみましょう。

  • 6月頃:中間テスト
  • 8月頃:副教科テスト
  • 11月頃:中間テスト
  • 2月頃:中間テスト+副教科テスト

学校によって時期が前後する場合がありますが、入学して間もない“5月~6月”には最初の中間テストが実施されます。

中学に入学して学校にやっと慣れてきたかと思う頃にすぐにテストがあるので、しっかりとテストに対する意識をしていないと悲惨な結果になってしまいます。

最初の中間テストが重要!

中学からは部活動を始める生徒も多く、なかなかテスト勉強をするのは大変なことだと思います。

中学生といえば遊び盛りの時期ですので、勉強する時間を取れないということも少なくありませんが、この最初の中間テストこそ最も大事なテストだと言っても良いでしょう。

小学校までの授業と違い、中学校になってから全教科のレベルが上がり、授業だけでは理解できない部分が大奥、最初の中間テストで結果が振るわずテストに対して苦手意識が付いてしまったり、勉強する気力を失ってしまう人も少なくありません。

それとは正反対に、最初の中間テストでいい点を取ることができれば、自信に繋がり、勉強を頑張ったら結果がついてくるということを実感し、内申点も良くなるので、高校受験にも有利となり今後のモチベーションにもつながります。

5教科(500点満点)、400点以上を目指そう

5教科で400点以上を取るということは。1教科あたり80点以上取る計算になります。

平均点が低ければもちろん達成できなくても落ち込む必要はありませんが、あくまで目標としての点数で、最初の中間テストでこれだけ点数を取れていれば、今後も多少上下しても偏差値を60前後をキープしていけるほどの学力になるでしょう。

それでは初めての中間テストでどのようなことを意識すれば良いのか、それは以下の3点です。

  • 学校の授業にしっかり付いていく
  • 自宅でもしっかり予習復習をする
  • 塾に通うことを検討する

学校の授業を聞いて、自宅での学習・宿題もしっかりこなし、初めての中間テストでも緊張せずに力を発揮できるというのは、簡単ではありません。

実際、ここまで成績が露骨に出るテストが初体験の場合、学習の習慣がついていないと対応できないお子様の方が多いのではないでしょうか。

そして、今日の家庭では中一から高校受験、大学受験を見据えている家庭も多いため、保護者が心配・不安と思うかもしれません。

もし、気になるのであれば中学の勉強に対してどれくらい理解でているのかを確認してみると良いでしょう。わからないことがある時は保護者がサポートすることも大切です。

もしサポートする時間が取れなかったり、教えることができないという場合は学習塾に通わせるというのも検討すると良いでしょう。

家庭での勉強時間は?

それでは、家庭で勉強するにはどれくらいの時間が良いのでしょうか。

あくまで目安としてですが、テストの時期が近づいてきたら、平日なら学校帰りに2~3時間、土日なら4~5時間はテスト勉強するのが良いでしょう。

長時間の学習に慣れていない場合は、適度に休憩を挟むようにすると学習効率が高いのを維持できます。

教科としては特に英語では中学校に上がって初めて触れるので、苦戦するかもしれません。1学期までの最初の中間テストでは主に【アルファベット】を覚えることと【単語】を暗記することが必須です。

ここでつまずいてしまうと、今後英語に苦手意識を持ち、勉強自体にの乗り気でなくなってしまうので基本という基本はしっかり最初の中間テストでマスターしておきましょう。

特におすすめなのは「音楽(洋楽)」に興味を持つような環境を整え、意識的に英語を耳に入れるだけでも効果があるので、洋楽についてディスカッションしてみて下さい。

まとめ

中学受験を経験していない場合、ほとんどの小学生までは自宅で長時間の勉強をする機会も少なかったと思います。

中学生になってからは、自発的に勉強をする姿勢というものを習慣づけていくことが大切で、この習慣次第で高校受験の結果も左右していくでしょう。

保護者はしっかりと学習できる環境を用意してあげるというのも大事なポイントです。

函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

札幌で最高の学習環境を手に入れる →

■ 発寒校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

お問い合わせは365日24時間いつでも可能です。

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

■ 札幌西本部校(琴似)

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

お問い合わせは365日24時間いつでも可能です。

お電話が苦手な方はお気軽に

お問い合わせフォームからご連絡ください