お問い合わせはこちら
011-213-7756

速読

高校生が速読トレーニングをするメリット

速読という名前は耳にしたことがあるけれど、実際どのようなものか知らないという方も多いのではないでしょうか。
実は、速読には高校生にとってありがたい効果がたくさん存在しています。
そこで本記事では、高校生が速読トレーニングをするメリットについてご紹介します。

速読について


速読とは、頭の中で文章を音声化せずに、1つの“かたまり”として読み取る手法のことです。
1文字ずつ読む必要がないため、読書スピードは通常の数倍にアップします。
日本人は大体1分間に500~700文字読むとされていますが、速読をマスターしている人は1分間で2000~3000もしくはそれ以上読むことができます。
早く読むということに関しては「斜め読み」や「読み飛ばし」も同じですが、 これらの方法は読書スピードにだけ着目しており、文章内容までは理解できていません。 その点、速読は全体把握力・検索力・思考力・記憶力・理解力・スピード力といった 総合的な能力を養えるため、文章を視野に入れると同時に内容も理解できるのです。
ここで頭に置いておきたいのは、「速読=読書」だということ。 たとえ文庫本1ページを数十秒で読めたとしても、文章の意図や意味を理解できなければ「速読」とはいえません。 速読においては、そこに書かれている内容を正確に理解しようとする行為が重要なのです。

トレーニングを行えば何歳からでも習得可能


速読と聞くと、「才能が必要なのでは?」「小さい頃からやっていないと無理そう」と思いますよね。
しかし、速読は特別なスキルではなく、老若男女問わず何歳からでも習得できます。
1つ例に挙げると、地方検察庁の職員研修で実施された速読トレーニングでは、たった2時間で参加した人の読書スピードが約2倍にアップしたそうです。 つまり、学生のうちから長期間に渡ってトレーニングを行えば、より精度の高い速読を身に付けられます

速読トレーニングをするメリット

速読トレーニングをすると、読むスピードが早くなることは知っている方も多いはず。
しかし、そのほかにも高校生にとって嬉しいメリットがいくつかあります。

勉強効率がアップする


国語や英語の問題は文章量が多く、一通り読むだけでも多くの時間を使ってしまいますよね。
しかし、速読トレーニングによって2倍の速度で読めるようになれば、文章を2度3度繰り返し読むことができるのです。
反復する回数が多いほど「長期記憶」として半永久的に脳内へインプットされ、同じ学習時間であっても効率的に数多くの情報を記憶できます。

また、大学受験に備えて勉強する際に参考書を読むことがあるかと思います。
これまでは1ヶ月に2冊しか読めなかったとしても、速読を活用して2倍速で読めば4冊読破することが可能です。
他の人よりも倍のスピードで情報収集・情報処理できるようになれば勉強が捗り、受験も有利に進められます。

授業内容をきちんと理解できるようになる


授業中は、「読む」「聞く」「書く」という3つの行動を同時に行います。
しかし、先生の話をしっかり聞いているとノートを書くスピードが遅くなったり、
黒板の字や教科書を読むことに専念していると先生の話を聞きそびれたり、何か1つの行動がおろそかになってしまいがちです。

読書スピードが上がれば「読む」に費やす時間が少なくなり、さらには速読によって
情報処理能力が向上して「聞く」「書く」もスピーディーに行えます。
結果、授業内容をきちんと理解した上で脳内へと情報を取り込むことができるのです。

英文の長文読解に強くなる


速読を活用すれば、長々と書かれた英文でも素早く読み解くことが可能です。

まず長文に必要なのは英単語の暗記ですが、「勉強効率がアップする」という項目にも書いた通り
速読によって単語を効率的にインプットできます。
長期記憶として定着した単語はテストや受験の際に頭の引き出しからサッと取り出すことができ、スムーズに問題を解けるようになります。

また読書スピードが向上すると、これまで長文を読むのに充てていた時間が減ります。
解く時間を多めに確保できるほか、余った時間を見直しに当てられるのです。
時間に余裕があると気持ちが楽になり、凡ミスを減らす、ひっかけ問題に対して冷静に対処するといったことが可能に。
それだけでなく、これまでと同じ時間でも長文を繰り返し読めるようになり、文章内容をきちんと理解してから問題に取り組めます。

活字を読むのが楽しくなる


速読トレーニングによって活字に触れる時間が多くなるほど、読むことに慣れて楽しくなってきます。
読書が苦手な人は「読むのが遅い」「集中力が続かない」といった理由から活字を避ける傾向にありますが、 速読で読書スピードが通常の倍になると集中力が短くても一定の文字・ページを読み進められます。 もちろん個人差はありますが、苦手な理由を解決すると徐々に「読書が楽しい」と感じるようになるのです。 なかには、「そもそも活字が苦手」という人もいますが、速読をマスターすると右脳が活性化されて文章をイメージ化できるようになります。 つまり、これまでのように「文字」として1つ1つを認識するのではなく、「漫画」や「絵」のような感覚で文章を読み進めることができるのです。

部活(スポーツ)でも役立つ


速読トレーニングでは、スポーツに必要とされる「瞬間視」や「周辺視野」を鍛えられます。
野球を例に挙げると、これまでは見えなかった豪速球や遠くの玉を肉眼で認識できるようになり、パフォーマンスアップに繋げられるのです。
さらに、頭の回転が早くなると「次の行動」や「自分が今すべき行動」を素早く判断することが可能になります。 最近はプロのスポーツ選手も注目しており、練習メニューとして速読を取り入れているチームも存在しています。

まとめ


速読は、単に文章を早く読むだけの能力だと勘違いされがちですが、勉強や部活などさまざまなシーンで活躍してくれます。
速読を身に付けておけば資料やメールといった仕事における多くの情報をスピーディーに処理できるため、
社会人になってからも役立つスキルともいえるでしょう。
習得しておいて損のない能力ですので、ぜひ速読にチャレンジしてみてくださいね。

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

 最高の学習環境を手に入れる →

■ 発寒南校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23