011-213-7756

速読

高校生が速読によって得られる効果がスゴイ!

「速読」は、ただ単に文章を速く読むだけのスキルではありません。
実は成績アップやスポーツビジョン能力の向上など、高校生にとって嬉しい効果が数多く得られるのです。
ここでは、高校生が速読トレーニングを行うことによって得られる効果について詳しく紹介します。

「学力や記憶力がアップした」


父がホームページに速読がある塾だ!!って言うことで
速読につられて、マナビバに入塾が決まりました。汗

すると塾はもちろん楽しいし
通い放題で成績も順調に上がってます。
実際、速読の効果については
国語の文章題だけでなく
数学の文章題のミスが大きく減りました。
考えられるのは、内容を理解する為のトレーニングを日々やることで、見間違いや勘違いを防ぐことにも繋がるので、学力向上にはなってると思います。

最初はウサンくさいなーって思っていましたが、かなり
科学的に飽きずに取り組めるように作り込まれているので
私は非常に楽しんでやってます。

塾でも速読やってる人多いので、友達ができたら周りの子たちと競争するとモチベーションの向上にはなるかと思います。

それに、私は暗記記憶も出来るコースを受講させてもらっているのですが、
記憶力がかなり改善しました。
脳が活性化されたのか、英単語を覚えたり、地理や歴史などの科目を覚えるために
今まではプリント1枚完璧に覚えるのに30分は必要だったのが、今では5~6分程度で完璧に、何も見なくても説明できるレベルに覚えられます。

勉強の負担が大きく減ったことは、今後にも活きると思うので、高校卒業したあとも
速読は続けていきたいですし、資格を取るときにもかなり役立つかなと思ってます!
正直、超オススメです。

取らないと正直、損です。

だけどあまり周りには教えたくないのでこのアンケートも
ホームページに載せると言われたので、書きたくはありませんでしたが、本音をそのまま書きました。

マナビバはオススメですし、
速読は取るべきだと思います。
(高2・清水貴美さん)

■速読効果の解説

速読トレーニングでは理解力や全体把握力、思考力といった能力が養われるため、
清水さんのいうように見間違い・勘違いといったミスを防ぐことができます。
テストでも凡ミスによる減点が少なくなり、結果として学力向上に繋がるのです。

また、速読トレーニングを行うと、記憶力向上の効果も得られます。
なぜなら、文章を読むスピードが上がることで、同じ学習時間でも単語を反復する回数が増えるからです。
何度も繰り返し読むうちに単語が「長期記憶」として蓄積され、その日だけでなく一生モノの情報として脳内に刷り込まれていくのです。
英語のみならず、国語や社会といった丸暗記で対応できる教科に関しては、速読によって成績向上が見込めます

「部活でレギュラー入りを果たした」て


高校2年に上がってから速読をやりはじめたのですが、
2ヶ月くらいした後に初めてレギュラー入りを果たしました。
補欠だった時と明らかに違うと感じたのは、
相手やサッカーボールを同時に見ることができるようになった瞬間です。
監督からは「動きが良くなった」と褒めていただき、
先輩からも「期待している」と声をかけてもらえるようになりました。
(高2・Uさん)

■速読効果の解説

速読トレーニングを行うと広範囲を視るチカラが養われ、速読を始める前に比べると視野が広がります。
さらに、動体視力・瞬間視・周辺視野などを総称する「スポーツビジョン」も鍛えられるため、サッカーや野球といった分野で活躍できるようになるのです。
特にサッカーでは相手・味方の場所、ボールの位置など一度に複数の情報をキャッチしなければいけません。
このとき広い視野や鍛え上げられた動体視力などがあれば的確に状況を把握でき、他のプレイヤーよりも余裕を持った動きができます。

それだけでなく、速読によってワーキングメモリ速度が向上し、そのシーンに適した行動を行えるようになります。
ワーキングメモリとは、情報の保持と処理を同時進行する部分であり、「決断」や「思考」などの基盤となります。
ワーキングメモリが高速で機能するようになれば、その状況に合った決断・思考が素早く行えるようになるのです。
速読によって、先を見据えた行動+周りの状況把握ができるようになれば、おのずとスポーツが上達していきます。


「読書スピ―ドが上がった!」


志望大学の過去問の問題文の多さに圧倒されて、
なんとか早く読める方法はないか…と先生に相談して、
紹介されたのが速読でした。
ちょうど、塾で導入していたので早速試してみると、
なにこれ、楽しい!!
こんなゲームのようなトレーニングで、本当に早く読めるようになるのか?
と半信半疑でしたが、1ヶ月半たった頃から、少しずつ効果を実感するようになりました。
文庫本であれば、20〜30分で読めちゃうくらい、読書スピードがあがりました。
マナビバの速読には他にも、英単語や英熟語などの暗記ツールもあるので、
受験勉強にも役立ちます。
こんなに効率よく勉強できるんだったら、もっと早くから始めればよかった!!
(高2・斎藤聡太さん)

■速読効果の解説

速読は文章を文字として読むのではなく、1つの「絵」として認識します。 黙読と違って頭の中で文字を音声化するプロセスを省けるため、読書スピードが飛躍的にアップするのです。 また、速読トレーニングを通じて活字に触れる機会が多くなれば、「読む」という作業に慣れていきます。 そのため、文字数の多い文庫本や過去問でも、短時間でスピーディーに読み進めることが可能になるのです。 大学受験を控えた高校生は、多くの参考書や過去問に目を通す必要が出てきます。 しかし、文章を読むだけに膨大な時間を使ってしまうと、実際に問題を解いて知識をアウトプットするまでが長くなってしまいます。 ここで速読を活用すれば、インプットからアウトプットまでがスムーズになり、結果として効率的に学習できるといったメリットも得られます。

「テストでの点数が着実に上がっている」


今までどのテストも50点後半ばかりでしたが、
速読のおかげで平均して80点後半~90点を取れるようになりました。
問題を読む時間が減って、
見直しの時間が増えたからかなと思います。
それに授業中や自宅に帰ってからの学習が捗るようになり、
確実に学力が向上していると感じます。
(高2・Aさん)

■速読効果の解説

仮に読書スピードが2倍になったとしたら、これまで問題を読むのに10分かかっていたところを5分で読み終えることができます。
さらに、速読トレーニングによって情報処理能力が向上するため、問題を解く時間も短縮できるのです。
読み・解き両方のスピードが早まることによって、最後の見直し時間を十分に確保できます。
じっくり再チェックできるようになれば見逃しや凡ミスでの減点を抑えられ、結果としてテストの点数アップに繋がります。

また、速読トレーニングを行うと全体把握力・検索力・思考力・記憶力・理解力・スピード力といった総合的なチカラが鍛えられ、
「読む」「書く」「聞く」といった作業をバランスよく進行できるようになります。
これによりテスト問題の基となる普段の授業内容を深く理解でき、テストの点数が上がりやすくなるのです。


まとめ

高校生は中学生に比べると学習量が多く、英語や国語においては長文が当たり前になってきます。
文章を読むのが苦手な人にとっては問題文を読むことが苦になり、勉強がなかなか進まないこともあるでしょう。
しかし、速読をマスターすれば文章を1つの「絵」として認識でき、読書スピードは倍以上にアップします。
学習面で嬉しい効果が得られることはもちろん、スポーツ分野でも速読を活用できます。
かなりマルチなスキルであるため、この機会に速読を習得してみてはいかがでしょうか。

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

 最高の学習環境を手に入れる →

■ 発寒南校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23