お問い合わせはこちら
011-213-7756

速読

小学生が速読トレーニングをするメリット

速読ができたらいいのにな・・・、と思っている方も多いかもしれません。
実は最近では、小学生から速読を習う子どもが増えており、注目されています。
それもそのはず、速読には文章を速く読むことができる以外にも、脳の活性化や運動神経の向上など様々なメリットがあるのです。
下記では、小学生が速読をするメリットをいくつかピックアップしました。小学生のお子さんを持つ親御さんは参考にしてみて下さい。
 

速読ってなに?


速読とは、文字通り文章を速く読むことを指します。
速読方法には様々なものがあり、ページを見るだけで内容を瞬時に理解したり、文章をまとまりとして読む方法などがあります。
前者の方法は一部の人間だけできる方法で現実的ではないですが、後者の方法は脳科学でも証明されている方法なのです。
一般的な読み方は、一文字一文字丁寧に読む方法ですが、速読では一度に捉えることのできる範囲を広くすることによりスピードを上げます。
つまり文字ではなく、文章ごとで読んでいくイメージです。
 
一度に捉えられる範囲のことを「読視野」といい、読視野を広げるトレーニングをすることで速読をマスターします。
詳しくは後述しますが、読視野を広げ、速読をマスターすると、読書量が増える以外にも様々なメリットがあります。

速読を小学生で体得する様々なメリット

読書が好きになる


速読ができると本を読むことが好きになります。読書が嫌いになってしまう原因として、
「読み終わるのに時間がかかり絶望する、分量に辟易してしまう」といった問題が挙げられます。
速読をマスターすれば1冊当たりの読了時間が短縮できるため、より手軽な気持ちで本を手にできます。
結果的に知識量が増え、読解力・表現力なども向上することからますます読書が好きになるでしょう。
 

日常的な学習にも効果的


速読をマスターすれば、日常の学習効率も上がります。
小学生は毎日宿題を出されるのが一般的ですよね。でも、多くの小学生は宿題を嫌っている傾向にあります。
原因はいくつか考えられますが、その1つに量が多いということが挙げられます。
当然です。現代ではゲームやスマートフォンなど、子どもが興味を惹くものが多々あります。
その中で長時間宿題に取り組むのが億劫になるのは仕方ありません。

速読をマスターすれば、これまで1時間かかっていた宿題が30分で終わる可能性があります。
文章を早く読解できるため、処理速度が速くなるのです。
結果的に宿題も遊びも両立できてしまいます。
子どもによっては、成績がグングン上がって勉強が好きになり、もっと学習するようになるかもしれません。
 

今後の受験やテストにも有利


速読のメリットは試験にも及びます。
これは前述の学習習慣による学力アップといった間接的なもののみならず、テスト中に文章が早く読めることで効率が上がるためです。
小学校低学年では差は付きませんが、高学年になると如実に現れます。
国語や社会、理科では長文を扱う問題も増えるうえ、なかには中学受験で活きてくる生徒もいるでしょう。
読むのが3倍速くなれば残り時間が増え、見直しが可能となったり思考する時間が増えます。試験にも有利となるでしょう。
 

自由に使える時間が増える


勉強面以外でもメリットはあります。
一番大きなものは自由な時間が増えることでしょう。宿題をササっと終わらせて自分が熱中していることに取り組めます。
スポーツを始め、ゲーム、ビジネスなど、近年では小学生が大人と対等に渡り合っている光景が散見されます。
子どもの可能性を伸ばすためにも、最低限の学力を担保した上で自分の得意なことに時間を注げるのは大きなメリットです。
 

脳が活性化する


脳科学の概念で「ワーキングメモリ」というものがあります。
これは思考や推論、決断などのさまざまな場面で使用され、脳の最重要な機能です。
速読中の脳を見ると、このワーキングメモリが活性化していることが確認できます。
ワーキングメモリは勉強以外にも、これから行う仕事などにも非常に重要な要素なため、子どもの頃からトレーニングするのは効果的です。
脳の機能活性化にも速読は効果的なのです。
 

スポーツ分野でも才能開花


速読は、なんとスポーツにも活かされます。
「スポーツビジョン」という概念が近年注目されており、これは動体視力や瞬間視、周辺視野などスポーツで重要となる「見るチカラ」のことです。
速読により目を効率的に動かせるようにあることで、視野が広がり、瞬間的に物事を判断できるようになりスポーツにも活かされるわけです。
一般的な例でいえば、野球が挙げられます。投手の球が見えやすくなり、安打に繋がります。
 

その他・・将来的な仕事にも


小学生の今は関係ありませんが、将来的に仕事をしたりする際にも速読は役立ちます。
仕事では、資料やメールの確認で処理速度が上がるうえ、文章を早く読むことで受けられる恩恵は多々あります。
先ほどのワーキングメモリの件と被りますが、脳の機能を早い段階で高めておくことは今後の人生でも有効といえるでしょう。
脳の機能の一部は、加齢と共に衰えるともいわれているため、より一層重要なのです。
 

速読をする際の注意点


速読をする際の注意点は、実はメンタル的な問題のみです。


まず1つ目は、すぐに諦めないこと。
何事もやり始めてすぐにできるようになることは稀ですよね。速読も同様で、一朝一夕でマスターできるものではありません。
ただ速読に関しては、トレーニングすれば誰でも効果を実感できるようになるため安心して下さい。
脳は新しい環境に入ると必ず順応しようとする性質があります。
例えば、高速道路に入った際、そのスピード感を怖く感じますが、時間が経てば慣れますよね?速読でも同様のことがいえます。


2つ目は無理にトレーニングしないこと。
勉強と同じで、無理やりやっても思うような効果は得られません。
小学生のお子さんに速読をマスターしてほしいと思っている親御さんは、無理させず長期スパンで考えてください。
 

まとめ


速読には文章を速く読む、というメインのメリット以外にも様々なメリットがあります。
小学生をはじめ、早期の段階で習得した方が今後の人生で役立つのは言うまでもありません。
お子さんの可能性を広げるためにも、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

 最高の学習環境を手に入れる →

■ 発寒南校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23