011-213-7756

速読

大学受験生(高3・浪人生)が速読トレーニングをするメリット

最近、テレビや新聞といったメディアでも注目されている「速読」。
才能のある人にしかできないと思われがちですが、実はトレーニング次第で老若男女問わず誰でも習得可能です。
速読で文章を素早く読めるようになれば読書や勉強が捗るほか、大学受験を控える皆さんにとって有益な効果が複数得られます。
そこで今回は、速読トレーニングで得られるメリットについて詳しくご紹介します。

速読とは?


速読とは、文章をしっかりと読み込んだときの理解・記憶力をそのままに、読書スピードだけを向上させる手法のことです。
似たような方法として「斜め読み」や「読み飛ばし」なども挙げられますが これらは早く読むという行動にだけ特化しており、内容は大まかにしか把握できません。 その点、速読は全体把握力・検索力・思考力・記憶力・理解力・スピード力といった 総合的な能力を鍛えることができるため、素早く読み進めながらも内容をほぼ100%理解できます。 しかし、どのような基準をもってして速読といえるのでしょうか。 まず日本人の一般的な読書スピードは、1分間に500~700文字と言われています。 小説に置き換えれば、大体1ページを1分間で読み進めるイメージです。 ここから受験で活かせるレベルを基準とすると、1分間に大体2000~3000字読めれば「速読」と言えます。 速読をマスターしていない人と比較してみると約4~4.5倍になっており、同じ時間でも数倍以上もの読書や学習が可能となるのです。 受験だけでなく、速読のマスターは心理的にも良い影響を与えます。 新たな才能を見出すことによって自分の可能性を感じられ、何事にも前向きかつ積極的に取り組めるようになります。

速読トレーニングを行うメリット

速読トレーニングを行うことによって得られるメリットを見てみましょう。

英語の長文読解も余裕を持って解ける!


速読トレーニングを行えば、英語の長文読解も余裕を持って解けるようになります。
大学入試センター試験の英語では総語数が4,000を超えており、膨大な単語が並ぶ長文問題においては すべて読み終えるまでに約40分かかってしまうことが分かっています。 1分間に換算すると、平均60単語ほどしか読めない計算です。
しかし、速読で倍の120単語読めるようになれば約20分で問題の読みが完了。 その分解く時間を増やすことができ、ひっかけ問題だったとしても落ち着いて取り組めます。

問題を読み理解するスピードがアップ!


テストや模擬試験後、「見直す時間がなかった」「余裕を持って問題を読めなかった」と落ち込んだことはありませんか?
学校のテストならまだしも、多くの時間を勉強に費やして挑んだ受験で、このような事態になってしまったら後悔してもしきれませんよね。
ただ、受験においては決められた時間内に決められた文字数(問題文)を読まなければ、合格の文字が遠のいてしまいます。

2019年1月に実施された大学入試センター試験の国語では、問題文字数が約23,000字あり
毎分500文字のスピードで読んだとしても47分強かかります。
しかし、速読トレーニングによって毎分2,000文字読めるようになったとしたら、11分強で読めるのです。 30分以上も短縮できれば見直しの時間を確保できますし、余裕があることでリラックスできて本来の実力を発揮しやすくなります。 それだけでなく、速読は情報処理能力の向上にも繋がります。 頭の回転が早くなるほど問題を理解するまでの時間が短くなり、制限時間のある受験やテストで良い結果を残しやすくなるでしょう。

勉強の効率アップ!


大学受験を控えると、自然に勉強量や勉強時間が増えていきます。
休憩時間すらなく、苦痛に感じている人もいるのではないでしょうか。
しかし、速読トレーニングを行えば問題の読み解きにかかる時間を削減でき、さらには同じ学習時間で倍以上の参考書を読むことが可能です。 これまで1ヶ月に4冊しか読めなかったとしても、速読で読書スピードが2倍になれば8冊も読み進められます。
勉強効率がアップするだけでなく、頭に入れる情報が増えるほど学習が捗り、受験を有利に進めやすくなります。

記憶力のアップ!


誰しも一夜漬けの勉強でテストに挑んだ経験があるはずです。
仮に翌日のテストで良い結果を出したとしても、数か月後には綺麗さっぱり忘れていることがほとんど。
というのも一夜漬けの勉強は「短期記憶」と呼ばれ、時間が経つと新しい情報に埋もれて思い出せなくなってしまいます。

しかし、速読によってこれまでより短い時間で文章を読むことができれば、繰り返し読む回数が増え、情報が「長期記憶」として定着します。
一度定着した記憶は半永久的にインプットされ、必要なときにすぐさま取り出すことが可能です。
さらに、速読は右脳を活性化させるため、文章をイメージ化しやすくなり、結果として記憶力アップに繋がります。 とくに、国語や社会などは丸暗記が重要な科目。1つ1つ紙に書いて覚える方法もありますが、速度で記憶力を鍛えた方が効果的といえるでしょう。

速読は短期間で習得可能


マナビバの速読では120種類以上のトレーニングを用意しており、たった数日でも読書スピードをアップさせることができます。
短期間でも習得は可能ですが、学生の場合は大体1ヶ月ほどかけて速読トレーニングを行うのがおすすめです。
というのも、テストや受験といった勉強面で速読を役立てるには以下2点を踏まえる必要があるからです。

・細かな部分まで正確に読む
・文章に込められた思考を読み取る

速読トレーニングは、1日たったの7分で完了。
1回の時間が短くても、毎日トレーニングに励むことで着実に読書スピードが上がってきます。
また、日常的に速読を取り入れることによって一時的ではなく、将来的に使えるスキルとして定着します。

まとめ


高3・浪人生の大学受験に向けた勉強はこれまでとは違い、自分に必要な科目を効率的にこなすことが求められてきます。
そのため、速読をマスターして読書スピード・理解能力などを向上させることがおすすめです。
また、速読は受験のみならず社会に出てからも役に立ちます。一生モノの才能を身に付けてみてはいかがでしょうか。

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

 最高の学習環境を手に入れる →

■ 発寒南校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23