お問い合わせはこちら
011-213-7756

定期テスト対策

1年間の成績はどのように変化する?

ある研究機関が行なった調査によると、中学3年生に「苦手科目はいつから苦手になりましたか」という質問をしたところ、1番多かった答えが「1年生の2学期」だったそうです。また、その比率が高かったのが英語と数学でした。
中学1年生の成績推移を見ると、それがよくわかります。定期テストの平均点は、1学期中間テストが最高点で、ほとんどの科目で点数が下がり続けています。

受験勉強はいつから始めるべきか

上記のグラフはある中学校のある1年生の学年平均をグラフにしたものです。
5教科合計点は1学期中間テストから351点→279点→243点→256点と推移していることがわかります。1学期中間テストと学年末テストの5教科合計点を比べると、100点ほど下がってしまっています。

これはあくまで平均であり、すべての中学1年生に当てはまるわけではありません。成績上位者層では、400〜450点をずっとキープしている生徒がいますし、5教科合計点が100点台と成績が振るわない生徒もいます。それらの生徒がこのグラフのように1年間で100点も下がることは稀でしょうから、成績中間層である成績が普通の生徒たちの多くが1年間かけて5教科合計が100点以上ダウンしてしまうことが予想されます。

そして、2年生、3年生の成績は、1年生の学年末テストから大きく変わらないことが予想されます。そのため、1年生の中間テストとがある程度基準となり、3年後の成績まで予想することが可能ということなのです。

もちろん、頑張り次第で成績を上げることは可能です。しかし、内申点はすべての定期テストの積み重ねです。1年分の勉強を取り戻そうとすると、目標校とのギャップの2倍も成績を上げなければならないことになります。例えば、ある科目の1年生の成績を「3」から「4」にしようと思うと、次の学年で「5」を取らなければ、「3」と「5」の平均で「4」になりません。相当な努力が必要です。

成績が下がってしまう原因とは?

なぜ、成績が下がってしまうのでしょうか。成績が下がってしまう原因は3つあります。

  • ① 1学期、2学期、3学期と次第に授業スピードが速くなり、1回あたりのテスト範囲も広くなるため
  • ② 部活動が本格化することにより、その疲れのため勉強時間が減ってしまうため
  • ③ 中学校生活にも慣れ、入学当初の緊張感が薄れるため、適度な家庭学習の時間をとることを怠るため

①の解決法

入学式からしばらくはゆっくりと授業は進み、学習内容が簡単に感じられることもあると思います。この最初の2〜3週間で学習の流れを掴むことが大切です。まずは行動を1週間単位で考えましょう。中学校は小学校とは異なり、毎日の宿題がありません。そのため、自分で考え計画して勉強する必要があります。学校から配布されているワークや問題集を取り組みましょう。1週間の授業で学習した内容を日曜日までに解き、分からなかった問題や間違えた問題は必ず解き直しましょう。テスト前に何度も解き直しができるよう、問題集に直接書き込むのではなく、ノートに書くと良いでしょう。

②、③の解決法

“中学生になったから○○をしよう”というように、人は新しい環境に入ると目先が変わり、普段とは異なる行動をとります。しかし、その新しい環境に慣れてくるとせっかく始めた新しい行動をやめてしまいがちです。習慣化するまで続けることが大切なのですが、それが難しいのが現実です。習慣化するためのコツは、「やる気」に頼らないことです。何か制度を決め、それに従って動けるようになると良いです。例えば、うまく塾を利用して正しい学習習慣を身につけるのも良いと思います。
1年生の間に正しい学習習慣を身につけられると、1年後には自分が納得できる最良な進路が決まり、笑顔で中学校を卒業することができます。できるだけ早い段階で、正しい学習習慣を身につけていきましょう。

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

  最高の学習環境を手に入れる →

■ 発寒南校

電話:011-213-7756(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

■ 札幌西本部校

電話:011-688-6102(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23