個別指導塾 マナビバ
通い放題 × プロ講師 × 小中高一貫指導\できないキミは、もういない/

英語の語順を紹介します!これが基本だ!

小学校から英語の学習が始まり、日本語と英語では語順が違うことに抵抗や違和感を覚えることは少なくないと思います。

今日は、中学生レベルの解説になりますが、英語を学ぶ上では基礎中の基礎の内容になるので、一緒に頑張って勉強していきましょう!

基本的な英語の語順はコレだ!

主語+動詞+他の要素

これが基本的な語順になるんだ。

この順番で単語を入れていくことで、質問する時や、否定したいとき以外の基本ベースになるので絶対に覚えてほしい。

さて、この主語や動詞が何か・・・・???と疑問に感じた人もいるだろう。

主語や動詞とは何かを説明しよう

 ・主語・・・その文の主人公になる単語のこと。(〜は、〜が)と訳せるものだね。

 ・動詞・・・動作や状態を表現するときに使う単語だよ。

動詞の見分け方

eatやplayやgoの単語を使って説明することにします!これは中学1年生の英語の教科書の最初に出てくるからみんな覚えるベシ!まずは単語の意味と、その単語の日本語の意味をローマ字で考えよう!

単語意味ローマ字
eat食べるtaberu
play〜する~suru
go行くiku

まずこの簡単な英単語3つの意味とローマ字で書いてあるところに注目して見て欲しい。

ローマ字で書いた日本語の意味、全部最後は【u】になっているよね?

そうなんだ、動詞は全て日本語の意味が、最後に【う】の音が入るんだ。

さて、主語と動詞はわかってもらえたかな?

じゃあ、動詞の後ろに来るのは何かというと

ズバリ!!その他の要素。w

はい、主語(文の主人公)が動詞(動作・状態)がわかるかもしれないけど、次に来るのは

どんな状態なのか?何を?いつ?どこで?どんなことを?誰と?など色々単語を足し算していくことで言いたいことを表現する言語なんだ。

まとめ

日本語と英語は違って、英語はまず誰がどうしたのか?という話の超大事なことから先に話す言語なんだ。

大事なことから順番に話をしていくので、場所や時間、誰と何をしたのか。ということは後回しにしてしまうんだ。

さあ、今日はほんの序章だ。

入り口の手前というか、雰囲気をつかんで欲しいと思って記事を書いているのだが、今後のためにも主語と動詞。この言葉の意味や、主語が先頭にきて、そのすぐ後ろが動詞になるという基本ベースは必ず覚えてくれ!!

函館ラ・サール
札幌国際情報
とわの森三愛
北海学園札幌
東海大学付属
北星学園女子
札幌龍谷学園

成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団成績をあげたい、志望校に合格したい、そんなキミの応援団

札幌で最高の学習環境を手に入れる →

■ 発寒校

電話:011-213-7756
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0825 札幌市西区発寒5条4丁目1番48号

お問い合わせは365日24時間いつでも可能です。

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

■ 札幌西本部校(琴似)

電話:011-688-6102
(受付時間/15:00~22:00)

住所:〒063-0812 札幌市西区琴似2条6丁目1−23

フリーダイヤル:0120-552-540
(受付時間/9:00~22:00)

お問い合わせは365日24時間いつでも可能です。

お電話が苦手な方はお気軽に

お問い合わせフォームからご連絡ください